2018年09月03日

垂水大波止でリベンジ

日曜日の早朝に、せきやんさんとリベンジのリベンジで大波止まで行って来ました。現地には暗いうちに到着して早速エギング開始。しかし、外向きは潮の流れが速く、底が取れずに早々に断念。内向きを試しますが、無反応。結局、ノーヒットでエサの確保のためサビキにチェンジ。まだ辺りは暗いですが、豆アジはコンスタントに釣れます。しかもこの日はカタクチも好調で、夜が明けるまでに15匹ほどを確保。

DSC00030.JPG

これで準備も整い、6時前に飲ませ釣り開始です。

DSC00031.JPG

カタクチ15匹は心強いです。釣れそうな予感が漂う中、第1投。潮は西に流れ、少し濁り意味です。2、3分流しますが反応ありません。続いて第2投。同じく数分流した時に、ウキが一気に消し込まれます。前回の失敗もあるので、じっくり喰わしてから大アワセ。フッキング成功です。掛けた瞬間から良型の手応えが手に伝わります。しかし、重量感はあるものの、泳ぎにスピード感はありません。沖に出ようとせず、際に突っ込んで行きます。どうも「曲がり」っぽいです。とは言え、姿を見るまでは断言出来ないので慎重に寄せて行きます。最後はせきやんさんにタモ入れして頂いて、無事捕獲です。

DSC00032.JPG

やはり曲がりです。曲がり方が穏やかなので、一応キープします。その後、潮が西に走り出し、ここで一旦飲ませを中断します。9時半頃に転流を迎えるので、それまで、エギングやサビキで時間を潰します。やはりエギングは全くダメです。相変わらずサビキは絶好調です。

9時頃から潮が緩むはずが、全くその気配はありません。緩むどころか、更に速くなっている感じです。しかも大阪湾からの泥水が入り、海は薄茶色で釣れそうな雰囲気ゼロです。とは言え、カタクチもまだ余っているので、ダメ元で飲ませを再開します。後半は幾分緩くなりますが、釣り人も増え、長時間流すことが出来ずにやる気も半減。お昼前にエサも無くなり、ここで終了です。

一応、狙った魚は釣れたのでリベンジ達成ではありますが、やはり天然を釣りたいものです。次回は東流を狙って釣行を試みたいと思います。

■ 釣果 ■
(サビキ)豆アジ、イワシ 8〜12p 約50尾
(飲ませ)ハマチ(曲がり) 60p 1尾
■ タックル ■
(飲ませ)竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ3号 ウキ:5B 棚:3ヒロ
■ エサ ■
カタクチ、ウルメ
posted by tarumit at 11:46| 釣り