2018年08月08日

買い物帰りのサバ狙い

昨日はアウトレットに買い物に行き、夜までには帰る予定でしたが、無性に釣りがしたくなり、嫁さんとチビに許可を取って、1時間だけの約束でサバ狙いに行って来ました。そんなこともあろうかと、実を言うと釣り道具一式は車に積んでいました。ただ、エサが無いので、ダッシュで近くのエサ屋でキビナゴを購入。駐車場から一番近いマリンピアの東側の通称中央12番で20時より釣り開始です。

1.jpg

アウトレットでのんびり夕食を食べる余裕も無いため、この日はマクドで済ませます。開始早々から水道側は東向きに潮が走り、隣に別の釣人が居るため長時間流せません。と言うわけで早々に東向き11番に釣座移動します。すると暫くしていとも簡単に大サバがヒット。この引きをチビに味合わせたくて、竿をバトンタッチ。しかし、サビキで小物しか釣ったことの無いチビは、その引きに耐えられなくてすぐに私と交代です。すると、こともあろうにその瞬間にサバが一気に沖へ走り痛恨の針ハズレ。この時点で私に与えられた時間は残り30分。慌てて再挑戦です。2投目、再び大サバらしきアタリ。今度はばらす訳には行かないので、十分に喰い込ませてフッキング。チビの「代わって〜」の声も聞こえないフリをしてやり取り開始。何とか本命をゲットします。

2.jpg

その後、アタリは何度もあるのですが、全てがタチウオ。1投1匹で掛かりますが、ハリスがワイヤーで無いため、殆ど切られてしまいます。良く見ると際でキラキラ光る魚体がたくさん泳いでいます。ライトを当てると数えきれない数のタチウオが小魚を追いかけ回しています。しかもサイズはどれも50〜60pの小振りばかり。これではサバは釣れないと判断し、予定通り21時頃に終了とします。

3.jpg

これで帰宅の予定でしたが、帰り道、ふと海を覗くと凄まじい数の小魚が泳いでいます。チビが「掬え、掬え」とうるさいので、仕方なくタモを出して追い掛け回しますが、そう簡単には魚は獲れません。しかし、嫌々タモを出した私も、「父の凄さ」をアピールすべくいつしか必死になって魚を掬っています。で、獲れたのがウルメイワシ63匹と豆アジ3匹。実に1時間も費やしてしまい、これならもうちょっと釣りをしとけば良かったと後悔しながら帰路に着きました。

この日は買い物がメインでしたが、なぜかクーラーボックスはサバや他の釣人に頂いたガシラ、掬ったイワシで満タンになり、買い物よりも持って帰る量が多くなってしまいました。

因みに大サバですが、ここ数日は何処でもフィーバーが続いている様です。私は短時間でしたので、貧果に終わりましたが、周りは何本も釣っていました。特にルアーマンは連続でヒットさせていました。いつまで釣れるか分かりませんが、今は確実に釣果が出ています。私は間も無く山に入るので、サバ狙いは残念ながらこの日で終了です。旬の魚なので、釣れているうちに皆さんも狙ってみて下さい。

■ 釣果 ■
サバ 38p1尾、タチウオ 50〜60p5尾
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号
ウキ:5B タナ:2ヒロ
■ エサ ■
キビナゴ
posted by tarumit at 01:56| 釣り