2018年08月22日

垂水アオリ釣査

昨日の夕マズメに、垂水西へアオリ狙いに行って来ました。実を言うと先日も様子を見に行ったのですが、赤ちゃんサイズが1杯とイマイチだったので、再調査に出掛けました。現地には17時半に到着。南風が強かったので、5番からプール向きを狙います。

DSC00056.JPG

開始間も無くして5pほどのまたも赤ちゃんサイズがヒット。その後、せきやんさんも合流して、一緒に並んで狙いますが、お互い小型が1杯づつ釣れて、その後は沈黙が続きます。

DSC00058.JPG

やはり時期が早い様で、釣れてもリリースサイズです。辺りが完全に暗くなると、周囲ではタチウオが釣れ始めます。我々もここでアオリ狙いを断念、エギからシンキングタイプのミノーに変えてタチウオを狙います。すると、すぐに70pクラスがヒットします。

DSC00059.JPG

その後もアタリは頻繁にありますが、なかなかフッキング出来ずに2本追加して21時に終了です。

今年は例年に無くタチウオが多い様です。暗くなると大きな群れが入り、南向きは勿論、プール内でも簡単に釣れます。ただ、垂水はあまり良型は釣れません。幅指3本がアベレージサイズです。タチウオが回遊し出すとアオリも怖がるのか全く釣れなくなります。本格的なアオリシーズンまでもうちょとの辛抱かもしれません。

■ 釣果 ■
アオリイカ 5〜10p2杯、タチウオ 70〜75p3尾
■ タックル ■
竿:エギングロッド7.6ft PE:0.6号 リーダー:1.7号
■ エギ・ルアー ■
2号赤系 シンキングミノーマイワシカラー11p15g
posted by tarumit at 14:51| 釣り

2018年08月21日

フルーツフラワーパーク

夏キャンプから帰って来て、その後片付けと盆中に溜まった仕事で19日まで大忙し。ようやく20日になって時間が取れたので、チビのリクエストで神戸市北区にある「フルーツフラワーパーク」へ行って来ました。

DSC_0005.JPG

ここは名目上は「道の駅」。しかし、広大な敷地内に、ホテルや遊園地、プールや農場等も併設され、道の駅と言うより総合レジャー施設です。そんなわけで、チビにとってはやりたいことだらけ。17時半までと決めて、予算内でどれだけ遊べるかに挑戦です。

まずはパターゴルフ。最近ハマっています。

DSC_0016.JPG

続いて遊園地。小学生低学年まででしたらちょうど良い内容です。ここで人生初のジェットコースターに挑戦。ちょっとビビってました。

DSC_0047.JPG

その後、汗ダクになって来たので涼みを兼ねてプールへ。勿論、私達夫婦は見学です。私はカナヅチで泳げないのですが、チビはクロールで25m泳げます。なので、所々でドヤ顔を私に見せます。

DSC_0057.JPG

プールは1時間半ほどで終了。その後遊具施設で遊んだ後は「神戸モンキーズ劇場」でお猿さんのショーを見学します。そんなに興味は無かったのですが、「入場無料」と言う看板につられて行きました。入場は確かに無料でしたが、ショーの対価は自分で決めて、最後にに支払うシステムでした。ちょっと騙された感は否めませんでしたが、まあまあ納得の行く内容でしたので、気持ちだけ支払っておきました。

DSC_0067.JPG

これだけ遊べばもう十分だと思ってましたが、時刻はまだ16時前。チビは容赦ありません。私も約束を破るわけには行きませんので、甲子園の球児達を見習って、最後まで諦めない気持ちで頑張ります。と言うことで次は広場で野球です。暑いので誰も居ません。

DSC00042.JPG

暑さで弱音を吐くことを期待しましたが、逆に私がダウン寸前でした。

最後にイオンモールに移動して涼みながらブラブラ。長い長〜い1日は終わりました。

「夏キャンプが始まる前に夏休みの宿題を全て終わらせたら、その後は好きにしていい」と言う言葉を今は後悔しています。それを実行したチビは8月末までは我が家の王様です。「王様の命令は絶た〜い!」なので、残り10日間、家来として仕えたい思います。
posted by tarumit at 00:00| その他

2018年08月15日

夏キャンプ6日目

キャンプ最終日、D親子と4人で登山の日です。当日は4時半起床、5時過ぎには他の仲間も起きて、別れの挨拶を済ませ5時半にキャンプ場を立ちます。新穂高ロープウェイの始発に乗り、終点の西穂高口を目指します。西穂高口は青空が広がり、まずは記念撮影。

15-07.jpg

槍ヶ岳も見えます。

15-05.jpg

午前7時55分、西穂高口を出発、行程1時間半の西穂山荘を目指します。普段、運動を殆どしていない私は元山岳部とは思えない足取りで子供達に付いて行くのがやっとです。

15-12.jpg

予定より約30分早く、9時ちょうどに西穂山荘に到着。子供達の体力には驚かされます。

15-14.jpg

ここからは稜線を登って行きます。森林限界を超えているため、この先は日陰がありません。

15-33.jpg

30分ほど山荘で休息して9時36分「独標」に向けて出発です。所要時間は1時間半ほどですが、途中に難所が幾つかあるので、そこを子供達が無事に通過出来るかが心配です。

登山道は整備されていますが、岩場も多く、一歩足を滑らせると100m以上はある谷へ真っ逆さまです。

15-37.jpg

最後の難所です。「独標」直下にある最後の岩場の登りです。途中に鎖場も有り、危険度、私の興奮度共にMAXです。

15-45.jpg

予定より5分遅れの午前11時10分、「独標」到着です。

15-53.jpg

今から17年前に嫁さんと初めて登った山がこの先にある「西穂高岳」。あの時は30代で体力もあったので、余裕で登れたのですが、さすがに今は「独標」までが限界です。

「独標」の頂上は、久々の晴天と言うことで登山客で溢れかえっています。オーストラリアから来た一家も日本の夏を楽しんでいました。

15-56.jpg

「独標」で30分ほど登頂の余韻に浸り、天気が悪くならないうちに下山です。下りは登りほど体力は使いませんが、足場が悪いため結構足が疲れます。

15-65.jpg

何とか雨が降る前に山荘に到着。所要時間は48分、なかなかのハイペースです。

15-67.jpg

ここで少し休憩、と思いきや急に空模様が怪しくなります。水分補給だけしてすぐに出発。しかし、間も無くして豪雨に見舞われます。山道は泥の川が流れ、ぬかるみで足が取られます。危なく無い所は小走りで進み、何とか45分ほどで西穂高口に到着。全身ずぶ濡れになりましたが、着替えを持って来ていたので何とかしのげました。

下山後は再びキャンプ場に戻りテントの撤収です。豊中のO夫妻以外は全員帰路に向かっています。O夫妻はもう1泊するとのことでここでお別れ。帰り際に朴の木平にある「宿儺の湯」と言う温泉施設で汗を流します。

15-72.jpg

その後、高山、郡上八幡を経由して翌午前1時半に帰宅。これで5泊6日の夏キャンプは終了です。

今年は嫁さんが行かなかった分、私の仕事も増えて結構慌ただしく忙しいキャンプ生活でしたが、それを補う様にチビも良く動いてくれました。登山でも弱音を吐かず、最後まで歩き続けました。普段は私に叱られてばかりのチビですが、今回ばかりは褒めてやりたいですね。
posted by tarumit at 00:00| キャンプ