2018年06月15日

垂水西5番(7回目)

昨日は前回不調だった西5番へ2週間振りに行って来ました。この日は珍しく、ゲート開園前に到着。そこでまたまたTFCのヤートさんと遭遇。なぜか、私の釣行日には必ずヤートさんが居ます。ヤートさんは、フカセの前にイカを狙うとのことで、まずはエサとなる豆アジ確保のためにサビキを開始。早々に豆アジ、イワシを数匹掛かりますが、時合いは一瞬で終了。私もイワシを頂き、試しに飲ませで青物&スズキを狙いますが不発。早々に諦めフカセを開始します。

DSC_0180.JPG

角にヤートさん、2番目に私が入り7時スタートです。この日は満潮からの下げで、干潮を迎える後半は期待薄なので、いかに早めにグレを浮かせるか、そこでどれだけ数を稼げるかがポイントです。まずは、魚の活性を上げるため、広範囲に多めのマキエを打ちます。さすがに水温が20℃近くにもなると、オセンも元気で躊躇なく沖に出て行きます。オセンを動かして、グレを浮かせるパターンに持ち込みたいところですが、この日は大潮と言うことで流れが目まぐるしく変わり、なかなか思う様にオセンを動かせません。開始1時間、グレはまだ浮いてきませんが、深ダナで15pほどの木っ葉がヒット。これを機にようやくグレもちらほら見える様になりますが、如何せん当て潮がきつく、すぐにオセンの群れの中に仕掛けが入ってしまいます。このままでは埒が明かないため、潮の比較的緩い左側沖に仕掛けを入れ、浮いているグレを掛け合わせで狙って行きます。これで何とかキープサイズを数枚ゲット。その後、潮が緩み出し、完全に止まるとグレも姿を消してしまいます。

小休止後再開しますが、次第にオセンも居なくなりサシエが残る様になります。ここでベタ際狙いでミニ木っ葉、25pと続けてヒットしますが、アタリはこれっきり。オセンもなかなか姿を現さないため、ここでお昼休憩に入ります。

後半は潮が完全に引き、池の様に全く流れがありません。次第にオセンも出て来て、活性が上がって来たと思いきや、グレの姿は皆無です。マキエが残っているため、ダメ元で続けますが、やはり予想通り全くグレの反応がありません。フカセ終了後は、早朝にヤートさんが釣った豆アジを頂き、暫く飲ませをやってみますが、こちらも無反応で17時前に終了です。

グレのオキアミへの反応は相変わらず悪い上に、やはり数が少な過ぎます。これでは、数釣りは出来ません。6月中はもう少し頑張ってみるつもりですが、豆アジも釣れる様になって来ましたので、来月辺りから飲ませで青物を狙ってみたいと思います。

DSC_0182.JPG

■ 釣果 ■
グレ 21〜28p 6尾 (30pUP 0尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00、S-00 ガン玉:無し タナ:矢引〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:パン粉4s+ヌカ4s+集魚剤0.5s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 10:43| 釣り