2018年06月03日

淡路 志筑新島

GWに釣果無しと言う散々な結果に終わった志筑新島にリベンジに行って来ました。LINEで仲間を募り、集まったのは私を含めて5名。垂水を午前6時に出発してコンビニ、エサ屋に寄って、現地に到着したのは午前7時過ぎ。既に釣り場には3名のフカセ師がいます。良く見ると見覚えのある顔が。偶然にも尼崎のK君がお仲間さんを連れて来られています。挨拶を交わし、我々も少し遅れてスタートです。

DSC00003.JPG

車の開け閉めがあるので、所有者の私はすぐ近くに、他の4名は北側に15mほど間隔を空けて入ります。
南側にはK君グループが入っています。

DSC00001.JPG

潮はいつもの様に北に流れていますが、それほど速くはありません。オセンも前回とは違い、群れを成して泳いでいます。まずは様子見と言うことでウキ下2ヒロから底近くまでを探って行きます。オセンが元気なので、マキエできっちり分離しないと、すぐにサシエが取られてしまいます。しかし、遠投で完全に離すとサシエが残ります。サシエが取られるか取られないか微妙な距離を計りながら続けること30分、ようやくこの日最初のグレがヒット。その後も1枚追加しますが、なかなかリズムに乗れずに早々に休憩タイムです。他メンバーもなかなかパターンが掴めず、休憩に入っています。

DSC00004.JPG

暫く休んで再開しますが、状況は変わりません。グレも見えませんし、数打ちゃ当たるで粘りますが、なかなか本命のアタリは出ません。1時間ほど辛抱して続けますが、周りもみんな再び休憩に入り、私も早めのランチタイムとします。

DSC00008.JPG

久々に再会する仲間も居て話が弾み、気が付けば1時間半ほど費やしてしまいます。再開は13時。干潮前で潮は殆ど止まっています。オセンを際に集めて沖へぱらぱらとマキエを打つと何となく白っぽい魚影が見えます。何度か繰り返していると、ようやく大量のグレが浮く様になります。ウキ下を矢引に変え、グレの群れの中へ仕掛けを投入。しかし、垂水同様、一瞬サシエには触るもののなかなか喰い込みません。ウキにはアタリは出ないため、マーカーの動きでアワセを入れて行きます。いわゆる「掛け合わせ」です。これで何とか4枚を追加しますが、干潮を迎えグレの姿は完全に消えてしまいます。他のメンバーも同様に時合いは一瞬で終わり、その後はオセンさえも姿を消してしまいます。

終盤は潮も濁り、完全に流れも止まりお手上げ状態です。私もマキエを消費するため消化試合に入ります。サシエも底近くまで入れてもずっと残りっぱなしです。諦めかけた16時半頃、何が起きたのか一瞬だけオセンが姿を現します。これがラストチャンスだと思い、マキエの連続打ちでオセンを足止めさせてその沖を狙うと久々にグレがヒット。これを機にこの日の釣りを終了とします。

釣果は5人で10枚、30pオーバーは2枚と言う結果でした。時期的にはベストシーズンだと思うのですが、なぜかここでもグレのご機嫌が良くない様です。少人数でやれば、結果は変わったかもしれませんが。

最後に、魚を捌いている時にトンビが大空を旋回していたので、グレの頭を放り投げると見事キャッチしました。

DSC00013.JPG

DSC00011.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜32.5p 7尾(30pUP 1尾)
■タックル■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無 タナ:2.5〜3ヒロ→矢引→3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+パン粉4s+ヌカ4s+集魚剤0.5s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 11:38| 釣り