2018年05月25日

垂水西5番(5回目)

8日振りの西5番釣行です。現地到着は午前6時半。角には既にTFCのヤートさんが入られていたので、この日も2番目に釣座を構え7時スタート。

DSC00001.JPG

前日の雨で海は濁っています。長潮と言うことで潮の流れも読み辛いです。水潮のせいか水温が下がったのかオセンも殆ど浮いて来ません。元気なのはボラだけです。昼前からは西風も強まり益々状況は悪くなるばかりです。さすがに心が折れて11時半頃に早めの昼食タイムです。未だ釣果無く嫌な予感が漂います。

午後からは潮の流れが変わり、若干濁りが取れます。すると、突然オセンにもスイッチが入り、元気良くマキエを追う様になります。こうなればしめたもの。オセンをマキエで何度も動かしていると、ようやくグレの姿が見え始めます。あとはいつものパターンでオセンの群れの先端でグレを浮かせると、やっとのことでグレがヒット。その後もタナ1m〜1ヒロで連チャンモードに入ります。しかし、風も無くなりベタ凪になると、見えているグレはオキアミには見向きもしなくなります。群れのど真ん中にサシエがあるにもかかわらず、咥えさえしません。浅ダナ狙いを諦めて、タナ2〜3ヒロを探ると、単発で喰って来るものの15時頃からはピタリとアタリが無くなります。

その後は念のために持って来たアオサにチェンジ。オキアミでは全く反応しないグレがいとも簡単に喰ってくれます。ただ、アワセミスも連発で、何とか5枚追加してフィニッシュ。

やはり時期的に個体数が少ないためか、マキエが入り過ぎる後半は喰いが悪い様です。ただ、グレも浮く様になり、オキアミにも反応する様になって来ましたので、ようやく本格的なシーズンに入った感がします。これからが楽しみです。

DSC00005.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜27p 14尾 (30pUP 0尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00、M-0 ガン玉:無し タナ:矢引〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉4s+ヌカ4s+集魚剤0.5s
サシエ:アオサ、オキアミ
posted by tarumit at 21:54| 釣り