2018年05月11日

垂水西5番(3回目)

昨日、9日振りに西5番へ行って来ました。現地には6時半頃到着。またもTFCのヤートさんと遭遇。隣に入れて頂いて7時半スタート。

DSC00015.JPG

風も無く、流れも緩やかでいかにも釣れそうな感じです。但し、2日間の雨のせいか海は濁り気味です。オセンもたまに見えますが、動きはそんなに良くはありません。まずは様子見で底スレスレをアオサで狙います。竿1〜2本先のポイントをくまなく狙って行きますが、アタリは全くありません。試しにオキアミに変えるとやはり際近くでは取られてしまいますが、沖を狙うと残ります。釣れそうなのに釣れないこのもどかしさに徐々に焦りが出始めます。そうこうしているうちに先程まで緩やかだった潮が突然走り出します。ここで続行不能となりしばし休憩を挟みます。30分後、潮が緩み始めたのを機に再開。すると、間も無くして手の平級がヒット。その後、アオサで連発モードに入ります。

午後になり、雲が切れて晴天になると、海の様子が良く見える様になります。オセンも活発になり、徐々に沖に出る様になります。こうなればグレが浮くパターンです。マキエでオセンを際〜沖と何度も往復させると、ようやくオセンの群れの先にグレが浮く様になります。ここでタナを矢引、サシエをオキアミに変更します。しかし、グレの群れのど真ん中に仕掛けがあるにもかかわらず、オキアミには殆ど見向きもしません。たまに喰い気のあるグレが咥えてはくれるものの、喰い込むところまでは行きません。それでも何とか即アワセで数枚が掛かりますが、針ハズレも多くなります。この釣りも1時間もやると疲れるので、ここで再び元の仕掛けに戻し、アオサで狙います。

15時頃まではコンスタントにアタリはありますが、その後、潮が完全に止まり池状態になると全く反応が無くなります。エサ切れとなる16時半まで粘りましたが、ラスト1時間はアタリゼロで終了です。

朝一の不調で一時はどうなるかと思われましたが、その後は順調に釣れ続き、蓋を開けてみればヤートさんと共に2ケタ釣果達成です。この日釣れたグレ22枚のうち、オキアミでは6枚釣れました。朝一を除けば、アオサを使うと頻繁にアタリがありました。オキアミを本格的に喰うまでにはもう少し掛かりそうです。

DSC00019.JPG

■ 釣果 ■
グレ 22〜31.5p 22尾 (30pUP 1尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:矢引〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉3s+ヌカ4s+アオサ
サシエ:アオサ、オキアミ
posted by tarumit at 21:14| 釣り