2018年05月13日

シマノJC関西A予選

12日はシマノジャパンカップの予選で、串本まで行って来ました。過去何度も参加している大会ですが、去年、一昨年は落選でエントリー出来ず、実に3年振りの参戦になります。今回はB大会のみ参加のウミノリダー君の車で神戸を前日の22時半に出発。途中で1回休憩を挟み、現地到着は午前2時30分。阪和道が伸びたお陰で串本も随分近くなりました。その後、受付を済ませ大会説明が始まります。

DSC00002.JPG

DSC00005.JPG

今回の参加者は130名ほど。予選通過者は8名です。グレの規定寸法は23pで5枚までの総重量を競います。垂水では余裕の基準ですが、なぜか本州最南端のこの地ではかなりハードルが高い内容なのです。

さて、いよいよ出船の時間を迎えます。選手18名を乗せた船は須江の湾沖を目指します。降順3番手の私は岸和田の方と「セシマの丘」と言う磯に上がります。このお方、大変親切で、過去に何度か上がったこの磯のポイントと狙い方を詳しく説明してくれます。「敵である私に攻め方を教えるには何か裏があるのでは?」と思いながらも、無視するのも失礼なのでその通り従うことにします。

釣り座選択権の無い私は北側先端からスタート。お教え通り、「セシマ」との間の水道を遠投で狙って行きます。

DSC00007.JPG

しかし、潮は動かず、濁りもあり全くアタリがありません。やはり「騙されたか?」と思いながらももう少し粘ってみます。結局、アタリどころかサシエも取られること無く、前半の1時間15分が終了。後半は、相手選手のリクエストで釣り座交代無しです。あまりの生命反応の無さに遠投を諦め、手当たり次第あちこち狙って行きます。際ギリギリも探ってみますが、数匹のハコフグが見えるだけでアタリは皆無です。結局、この磯ではマグレで釣れたワッペンサイズの尾長1尾で終了です。相手選手も釣果ゼロです。

続いて湾内へ移動です。次に上がったのは「アシミ東」と言う磯です。ここは岬の様になっており、岬先端から沖に向かって根が伸び、そこを境にして左右にいい感じのサラシが出ています。

DSC00011.JPG

まずは沖に向いて左側、つまり東向きに釣り座を構え前半戦開始です。サラシがきついため、仕掛けが流れ無い様にガン玉を打って、際からサラシ先端までを探って行きます。暫くすると、サラシ先端でこの日初めてのアタリです。しかし、釣れたのはここの常連客です。

DSC00016.JPG

遂に現れた磯の厄介者です。その後も仕掛けが沖に出ると必ず小サバが喰って来ます。こうなれば、仕掛けを磯際に釘付けする他無いため、更にガン玉を数個追加して、脈釣りの感覚で狙って行きます。すると、開始1時間、ようやく本命がヒット。しかし、抜き上げの際に痛恨の針ハズレ。前半戦も残り15分なので、慌てて再チャレンジ。しかし、その後はアタリ無く終了です。「これで終わった」と思った矢先、相手選手が釣座交代無しを申し出て来られたので再びやる気モード全快です。再びサラシの際を徹底的に探って行きますが、一向にサシエが取られません。ここで、「サラシ狙いは正解か?」との疑問が頭の中を駆け巡り、思い切って釣り座を少し移動します。10mほど地方方向に移動して、サラシが出ていない流れの穏やかな場所に釣座を構えます。ここで暫くマキエを打っていると、際近くに15p前後の木っ葉の群れが出始めます。私が立つと群れは消えるため座って狙って行きます。木っ葉の群れの下に良型が居ると信じ、仕掛けを沖に投入し、仕掛けが馴染んでから際に寄せて行くパターンを続けて行きます。

すると間も無くしてようやくグレがヒット。この日最初の釣果です。その後も単発でアタリがあるのですが、またも抜き上げの際に針ハズレを2回、初期動作の遅れで魚が根に入り大物バラシ1回で釣果が伸びません。時間も無いため、焦りも出て素針も連発。結局最初の1枚のみで全競技終了です。

結果は1枚318g。船内1位は確か3枚で830gほどだったので、バラシた魚を獲っていればと悔やまれますが、それは「たられば」の話。全てにおいて実力不足であることは否めないです。

因みに今回の大会、5枚揃えた選手はほんの僅か。釣果ゼロの選手も多く、「ほんとに串本?」と思える結果でした。それでも、こんな悪条件でもきっちり結果を出した選手がセミファイナルへの切符を手にされました。

DSC00022.JPG

大会終了後、それまで昼寝をして暇潰しをしていたウミノリダー君と合流。宿に到着後、今日の反省をして作戦会議。彼は気合十分で明日の準備です。

DSC00023.JPG

気合を入れ過ぎて空回りしなければいいのですが...

a.jpg

DSC00019.JPG

■ 釣果 ■
尾長 27p 1尾
■タックル■
竿:1.2号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.2号 針:グレ3、4号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:2〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ4.5s+パン粉3s+ヌカ3s+集魚剤少々
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 18:51| 釣り

2018年05月11日

垂水西5番(3回目)

昨日、9日振りに西5番へ行って来ました。現地には6時半頃到着。またもTFCのヤートさんと遭遇。隣に入れて頂いて7時半スタート。

DSC00015.JPG

風も無く、流れも緩やかでいかにも釣れそうな感じです。但し、2日間の雨のせいか海は濁り気味です。オセンもたまに見えますが、動きはそんなに良くはありません。まずは様子見で底スレスレをアオサで狙います。竿1〜2本先のポイントをくまなく狙って行きますが、アタリは全くありません。試しにオキアミに変えるとやはり際近くでは取られてしまいますが、沖を狙うと残ります。釣れそうなのに釣れないこのもどかしさに徐々に焦りが出始めます。そうこうしているうちに先程まで緩やかだった潮が突然走り出します。ここで続行不能となりしばし休憩を挟みます。30分後、潮が緩み始めたのを機に再開。すると、間も無くして手の平級がヒット。その後、アオサで連発モードに入ります。

午後になり、雲が切れて晴天になると、海の様子が良く見える様になります。オセンも活発になり、徐々に沖に出る様になります。こうなればグレが浮くパターンです。マキエでオセンを際〜沖と何度も往復させると、ようやくオセンの群れの先にグレが浮く様になります。ここでタナを矢引、サシエをオキアミに変更します。しかし、グレの群れのど真ん中に仕掛けがあるにもかかわらず、オキアミには殆ど見向きもしません。たまに喰い気のあるグレが咥えてはくれるものの、喰い込むところまでは行きません。それでも何とか即アワセで数枚が掛かりますが、針ハズレも多くなります。この釣りも1時間もやると疲れるので、ここで再び元の仕掛けに戻し、アオサで狙います。

15時頃まではコンスタントにアタリはありますが、その後、潮が完全に止まり池状態になると全く反応が無くなります。エサ切れとなる16時半まで粘りましたが、ラスト1時間はアタリゼロで終了です。

朝一の不調で一時はどうなるかと思われましたが、その後は順調に釣れ続き、蓋を開けてみればヤートさんと共に2ケタ釣果達成です。この日釣れたグレ22枚のうち、オキアミでは6枚釣れました。朝一を除けば、アオサを使うと頻繁にアタリがありました。オキアミを本格的に喰うまでにはもう少し掛かりそうです。

DSC00019.JPG

■ 釣果 ■
グレ 22〜31.5p 22尾 (30pUP 1尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:矢引〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉3s+ヌカ4s+アオサ
サシエ:アオサ、オキアミ
posted by tarumit at 21:14| 釣り

2018年05月07日

神戸市立農業公園

GW最終日の昨日は釣りに行く予定でしたが、南の風が強まるとのことで断念。「ゴーカートに乗りた〜い!!」とのチビの叫び声を聞こえない振りをしてゴロゴロしていると、とうとう実力行使に出て、結局行かされるはめに。と言うわけで3日連続の公園巡りとなりました。

DSC00002.JPG

ちゃっちゃとゴーカートで遊んで、適当に野球をして早々に帰ろうと思ったのですが、この公園にはゴーカート以外にチビの好きな遊びがもう一つありました。「これはやばい。またもフルコースか?」と思ったのも束の間、気が付けば受付で使用料を払っている私が居ました。甘い甘い。

DSC00008.JPG

ゴルフをしない私にとって、何が楽しいのかさっぱり分かりませんが、チビはご満悦でした。
続いて本命のゴーカート。

DSC00018.JPG

2周で2人乗り600円です。5分で終了です。値段の割に間が持ちません。
これで一応目的を達したので、野球をするため広場へ移動中、突然の雨で雨宿り。暫く待ちましたが止む気配も無いので、ここで公園をあとにします。「これで帰れるぅ〜♫」と上機嫌な我々夫婦に対し、チビはうつろな表情。チビの笑顔が生き甲斐の私はこのままでは帰れません。そんなわけで雨でも野球が出来る場所へ向かいました。自分で言うのも何ですが、本当に甘いっ!

DSC00032.JPG

久々のバッティングセンターで75球を打ちました。待っている私も暇なので25球だけチャレンジ。

DSC00031.JPG

お陰で今日は腕が痛いです。

これでようやく魔のGWも終了。今日は1日中、仕事を頑張ります。
posted by tarumit at 15:47| その他