2018年03月04日

垂水東でチヌ狙い第4弾

昨日は先週に引き続き、TFCのせきやんさんとチヌ狙いに行って来ました。現地では偶然にもノリさんと遭遇。久々の再会、空いている釣り座が無いと言うこともあり、暫くは笑談しながら暇を潰していると、ノリさんがいきなりモグモグし始めます。

DSC00007.JPG

海に生えているワカメをそのままパクリ。さすが野生児です。私も食べさせられましたが、食感は悪く無いのですが、ちょっと塩分が強かったですね。そうこうしているうちに、ノリさんの横(上流側)の釣人が帰られるとのことで、そこに入れて頂き12時にスタートします。下流側にノリさんとせきやんさんともう一人。

DSC00009.JPG

上流側にはチヌ狙いのフカセ師が3人。

DSC00010.JPG

春を思わせる様な暖かさと、土曜日と言うこともあり、福田川河口は満員です。この日は開始早々から潮が緩く、しかも下流側に流れる絶好の状況です。否でも応でも期待は高まりますが、悲しいかなアタリはおろか、サシエさえも取られません。1時間半ほど粘りますが、気力が続かず休憩タイム。せきやんさんと雑談しながらノリさんの釣りを見学します。すると、ノリさんの両サイド、つまり我々が釣りを中断したので魚が1点に寄ったのか、すぐにノリさんのウキに反応が。そして、沈黙を破る1枚がタモに収まります。

DSC00016.JPG

慌てて私、せきやんさんも釣り座に戻り再開。しかし、やはり反応はありません。しかも干潮を迎えた14時半頃からは潮も完全に止まり、お手上げ状態です。マキエも段々無くなり、「今日もダメか?」と思われた17時前、この日初めてのアタリ。満を持してアワセを入れると待望の重量感です。しかし、スリルを味わうこと無く一瞬にして穂先が天を向きます。仕掛けを回収すると、ハリスのちょうど真ん中辺りで切れています。滅多に切れる場所では無いので、頭の中では「???」だらけで暫くはうずくまって動けなくなります。その後、再開しますが、マキエも無くなり2投して終了です。

今シーズン、幸先が良かった垂水のチヌ釣りですが、ここへ来て2連敗です。これと言った攻め方も良く分からなくなり、今は迷路に迷い込んだ気分です。

■ 釣果 ■
無し
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.8号 ハリス:1.5号 針:チヌ2号
ウキ:M-B ガン玉:G2+G6 タナ:3.5〜4.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+ヌカ6s+パン粉1s
サシエ:オキアミLL、ネリエ(イエロー)
posted by tarumit at 00:00| 釣り