2018年02月23日

垂水東でチヌ狙い第2弾

昨日はTFCの蔵之臣君からのお誘いで、垂水東エリア福田川河口に行って来ました。現地到着は午前10時半。暫くして偶然にもヤートさんも合流、3人久々の再会で話も弾み、釣り開始は11時半です。ヤートさんと蔵之臣君は上流側に、私はいつもの釣座より約10mほど上手側に入ります。

DSC00004.JPG

DSC00002.JPG

開始早々より当て潮で苦戦しますが、暫くすると潮も緩みいかにも釣れそうな状況に。すると12時半、これまで何の動きも無かったウキが一気に視界から消えます。アタリの出方、魚の引き具合から最初はコブかと思われたのですが、海面に姿を現したのはいぶし銀の魚体。取りあえずボウズは免れます。その後も状況はいいのですが、アタリは皆無。13時半になりお腹も空いてきたので昼食タイムに入ります。

DSC00005.JPG

この日は蔵之臣君のバーナーを使ってカップラーメンを頂きます。寒い冬には有難いアイテムですね。またまた話も弾み、再開は14時半頃。潮は相変わらず穏やかですが、魚の反応はありません。後半になると潮は河口向きに速くなったり遅くなったりと複雑に流れ始めます。釣り難いのですが、潮が動くので期待大です。オキアミでの反応が薄いため、時折ネリエにチェンジ、ネリエの重さを利用して、底ベタ付近まで探って行きます。するとこの日2回目のはっきりしたアタリ。気合を入れてアワセを入れますが、喰って来たのはミニガッシー。

DSC00011.JPG

その後、納竿間際で3回目のアタリがありますが、またもガッシーでここで終了です。

やはり、垂水はまだまだ水温が低く、超低活性状況が続いています。ただ、気象予報ではそろそろ冬も終わりとの便りも届いているので、3月に入れば期待出来るのでは無いでしょうか。

DSC00013.JPG

■ 釣果 ■
チヌ 47p 1尾 、ガシラ 10〜16p 2尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.8号 ハリス:1.5号 針:チヌ2号
ウキ:M-G2 ガン玉:G4+G6 タナ:3.5〜3.8ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+ヌカ5s+パン粉2s
サシエ:オキアミL、ネリエ(イエロー)
posted by tarumit at 11:07| 釣り