2018年02月20日

津黒高原スキー場

この週末は岡山県の湯原温泉に久々に家族旅行に行って来ました。そのついでと言っては何ですが、平昌オリンピックの刺激を受けて、近場でスキーをして来ました。

向かった場所は宿から車で約15分の「津黒高原スキー場」。リフト1基のこじんまりしたスキー場です。嫁さんは見学、私とチビでまずは1日券を買って頂上まで。

1.JPG

1年振りのスキーで、チビも意気揚々です。しかし、滑り始めると彼の表情から段々と笑顔が消えて行きます。
転倒転倒の連続でなかなか麓まで戻って来れません。挙句の果てに私の熱血指導で泣きじゃくる始末。

2.JPG

何とか30分ほど掛かって、500mのコースを降りました。このペースでは到底1日券は使いきれないと判断。チケット売り場のお姉さんにお願いして、2人分の1日券を回数券に替えてもらいました。

リフト3本目位からは何とか滑れる様になりましたが、「楽しい」と言うレベルにはほど遠い様です。

3.JPG

このままでは折角の旅行も「辛い思い出」になってしまいそうなので、ソリで遊ばせました。するとこの笑顔。

4.JPG

結局、朝9時から15時まで居ましたが、チビは4本、私は7本滑って終了。やはり回数券で十分でした。
因みにこのスキー場、画像にもある様に週末でも超ガラガラです。リフトの待ち時間はゼロ。緩斜面が多く、初心者にはもってこいのスキー場です。そう言うわけか、スキー、スノボ以外にもこんな乗り物も滑走OKです。

5.JPG

ファットバイクと言うタイヤ幅が広いMTBです。これをリフトで担ぎ上げて頂上から降りて来るんですが、上手い人は一度もこけずに下って来ました。何か不思議な感じがしましたね。

その後、宿にチェックイン、夕食までに時間があるので暇潰しにこれです。

6.JPG

昭和生まれの人間は「温泉」と言えばやはり「卓球」です。既に足腰ズタズタではありますが、得意の卓球ははずせません。チビも野球の次に好きな球技なので、なかなか飽きてくれません。結局、夕食前、夕食後、翌朝、更にチェックアウト後も相手をさせられ、計3時間半も付き合わされました。

帰り道では途中の「人形峠」で休憩&雪合戦。

7.JPG

チビも元気ですが、私も最後の力を出し切ります。そしてなぜか車の上には大量の雪玉が。

8.JPG

雪合戦の時に作った雪玉をミニ雪だるまにして自宅まで乗せて帰りました。
超多忙で超ハードな2日間がようやく終了。「温泉でゆっくりのんびりと」と言う気分は、まだ当分は味わえ無いでしょうね。
posted by tarumit at 01:07| 旅行