2017年12月12日

垂水西5番(17回目)

バリコ、サヨリの群れに嫌気が差し、長らく足が向かなかった西5番ですが、ようやく水温が下がりその姿が消えたとの情報を得て、久々にせきやんさんと共に行って来ました。日曜と言うこともあり、場所取りのために現地到着は午前5時半。しかし、やはりこの寒さか釣り場はガラガラです。天気も穏やか、潮もゆっくり、おまけに釣場は空いているとあって、爆釣の予感が漂います。しかし、夜が明けて、辺りが明るくなると徐々に釣人が増え始め、3番側には飛ばしサビキ師が数名、私のすぐ右手には投げ釣り師が数本の竿を出し、釣りを始める頃には周囲を包囲されている状態です。

1.JPG

まあ、休日では当たり前の光景なので、特に気にはしませんが、心の中で「邪魔だけはしないでね」と願いながら7時前にスタートです。潮は緩いのですが、右へ左へと落ち着きません。オセンも動きが不規則で、突然現れたり、急に消えたりします。ただ、沖にはオセンは行かないため、複雑な潮の中を遠投で狙って行きます。ここで、トラブルが連発します。私は隣の投げ釣り師とラインが絡むこと数回、せきやんさんも、狙っているポイント近くにサビキが飛んで来るために、お互いなかなか自分のペースで釣りが出来ません。遠近では狙う範囲は広いのですが、左右は限られた中で窮屈な釣りが強いられます。更に、オセンも際組と沖組に分かれ、沖組の集団が全く言うことを聞いてくれません。幾ら釣座を休めても、際にマキエをドカ撒きしても、ずっと沖で漂っています。そのためどれだけ遠投してもサシエは秒殺です。狙う場所も無く、途方に暮れながら続け、お互いまぐれ的に2枚ずつ釣ってお昼を迎えます。

午後からは南風が徐々に強くなり、遠投の精度が低下、マキエもバラバラになりオセンは更に拡散して行きます。釣れない上に向かい風の悪条件が重なり、釣人も徐々に退散。気が付けば、南向きで竿を出しているのは私とせきやんさんだけです。

2.JPG

向かい風のために遠投が出来ないため、空いた左右を使いオセンをかわして行きますが、兎に角この日のオセンは強力で効果は全くありません。14時前にもなると、風は更に強まり、竿が振れなくなります。

3.JPG

ここで終了しようと思ったのですが、まだマキエが少し残っているために、風を背して釣りが出来るプール向きに移動します。

4.JPG

こちらは流れも波も皆無で釣り易いのですが、期待薄です。しかし、沖が荒れているせいか、マキエが効き出すと徐々にグレが姿を現します。1時間ほどの釣りでしたが、私3枚、せきやんさん2枚を追加してマキエが無くなったところで終了です。

噂通り、バリコとサヨリの姿は全くありませんでした。ただ、オセンの数が物凄いです。工夫すればもっと釣れたのかもしれませんが、それでもグレの絶対数が少な過ぎです。急激な水温低下が影響しているのかもしれません。年内、また暖かくなる日が恐らく数回はあると思うので、その日のもう一度チャレンジしてみようと思います。

5.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜24p 5尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:00 ガン玉:無→G7 タナ:2〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:余りエサ+集魚剤1/3袋+パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 11:53| 釣り