2017年10月25日

垂水西で釣り三昧

約1週間後に久々のグレ釣り大会に参戦するため、昨日は長らくお休みしていたフカセの練習にTFCの蔵之臣君と行って来ました。場所は西5番、実に4ヶ月振りのグレ狙いです。とは言え、この時期はまずは旬の魚を狙うのが先決で、一段落着いてからフカセに移行する予定です。と言うことでまずはプール内でサビキ開始。群れが小さいのか単発でしか釣れず、1時間ほど掛けてようやく20匹ほどの小アジを確保。取りあえずフカセの準備だけは整えて、7時過ぎから飲ませ開始です。

DSC00003.JPG

先週末の台風の影響で海は濁り気味。本流は西向きですが、5番前は引かれ潮で南東へ流れます。飲ませをやりながらでも一応マキエを打って、いつでもフカセに変更できる様、海を観察します。しかし、水潮のせいか飲ませも反応無く、マキエを打ってもオセン、ボラ以外の姿は見えません。「釣行日を誤ったか?」と頭をよぎったその時、ふと海に目をやると、先程まで見えていたウキが何処にもありません。「もしかして?」と思い、リールのベールを倒すと一気にラインが出て行きます。よそ見をしている間に青物がヒットです。久々の青物なので慎重に寄せて無事ランディング成功。

DSC00002.JPG

46pの食べ頃サイズです。気を良くして2本目を狙いますが、その後は沈黙が続きます。「青物がダメならアオリでも」とタナを少し深くして狙いますが、こちらも無反応です。そのうちに本流筋が泥色の激流となり、5番前も濁りがきつくなります。マキエを打っても、オセンだけで無く、小型のサヨリや青アジまでもが群れる様になります。これではフカセもダメです。

お昼前になり、潮が緩み始めると、若干濁りが取れて来ます。これを機にフカセをしようか否か思案しながらぼーっとウキを眺めていると久々に青物のアタリです。先ほどと同じ位のサイズですが良く引きます。右へ左へと良く走り、なかなか寄せることが出来ません。この日は釣り人も多く、あんまり走らせると周りの釣人の仕掛けに絡む恐れがあるので、ある程度強引に寄せる必要もありますが、如何せん竿が柔らかいために思う様に寄ってくれません。すると案の定、他のエギンガーとラインが絡み、PEとの摩擦で道糸が切れて痛恨のバラシです。これでテンションが一気に下がってしまい、飲ませは一旦休憩で、ようやくここでフカセにチェンジします。

しかし、鉛筆サイズのサヨリが際から沖まで大量に群れており、軽い仕掛けではサシエが全く通りません。ハリス上に小粒のガン玉を打ち、サヨリの層から一気にサシエを通す様に試みますが、今度はその下に小アジが群れており、オキアミは秒殺です。「今日は練習」と自分に言い聞かせて、暫く粘りますがアジを10匹ほど釣った時点でギブアップです。

その後、潮が東に流れ始めたのと同時に再び飲ませを再開。すると、間も無くして本日3度目の青物がヒットします。これはあまり左右に走らず、難なくキャッチ成功です。青物を寄せて来たためか、一瞬サヨリと小アジの姿が消えたので、すぐにフカセを開始。すると、1投目で28pのグレがヒットです。その後、20pに少し足らないサイズを追加。ようやくグレのスイッチが入ったと期待したのですが、その5分後には再び、海はオセンとサヨリと小アジに支配され、早々に戦意喪失でフカセ終了です。

ここで完全にフカセを諦め、竿をたたみます。飲ませに専念するため、エサを確保すべく今度はサビキでアジ狙い。ある程度確保出来たところで飲ませ再開です。すると隣の飲ませ師が、この日初めて小アジの頭がかじらたとのこと。これを聞いてアオリの時合いと見て、タナを深くすると一発でヒット。

DSC00006.JPG

狙い通りの良型です。しかし、アタリはこれっきり。これでお土産も十分確保出来たので、終了したいところではありますが、釣果ゼロの蔵之臣君はまだ諦めていません。なので、私も粘ることにします。16時頃、再び私のウキにアタリ。しかし、アワセが早すぎて喰い込まず。と同時にようやく蔵之臣君にもアタリがありますが、これもバラシ。夕方の時合い突入です。その30分後、次は私に超大物がヒット。全く止めることが出来ません。ラインは出る一方で一気に100m近くが出て行きます。すると沖で大きな座布団の様な物がジャンプ。と同時に竿が軽くなります。かなりドキドキさせられましたが、犯人は1mを超えるエイです。そして、暫くして蔵之臣君が再びヒット。これも良く走る魚でしたが、何とか無事にゲットです。

DSC00011.jpg

これでようやく2人共青物ゲットで終了です。結局、朝6時から夕方5時まで11時間粘りましたが、青物のアタリは計6回、アオリは1回でした。潮の色も悪く、釣果が心配された1日でしたが、あまり関係無かった様です。因みに、この日はハマチが計7本上がっていました。この日の釣行は、フカセの練習が目的でしたが、結局1時間ほどしかせず、マキエも殆ど余ってしまいました。この分では来週の大会が心配です。

DSC00008.JPG

■ 釣果 ■
(飲ませ)ハマチ 46〜47p 2尾、アオリ 20p 1杯
(フカセ)グレ 18〜28p 2尾
■ タックル ■
(飲ませ)
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:1.5号 タナ:2.5〜4ヒロ
(フカセ)
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:00 タナ:1〜2ヒロ
■ エサ ■
(飲ませ)
小アジ
(フカセ)
マキエ:オキアミ3s+パン粉3s+ヌカ3s+集魚剤1/3袋
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 12:07| 釣り