2017年08月10日

夏キャンプ1日目

今年も恒例の夏キャンプに行って来ました。日程は7泊8日、最初の2泊は岐阜県高山市の清美すのまたキャンプ場、次の3泊は同じく高山市の平湯温泉野営場、残りの2泊は未定です。まずは初日、他メンバーとの待ち合わせ場所、岐阜県の郡上八幡に早めに来てしばし散策。

101.jpg

郡上八幡は至る所に水路や水場があり、「水の町」と呼ばれています。写真は「いがわこみち」と言う所で、この小川にたくさんの鯉やアマゴが泳いでいます。勿論、釣り禁止です。

2時間ほど町をぶらぶら、その後、神戸のD家、Y家と合流してすのまたキャンプ場へ向かいます。

102.jpg

まだ日程的に早いのか、キャンプ場がガラガラです。尼崎のO家が来るまで広場で野球の練習です。

103.jpg

O家が到着後、H家親子も合流、総勢11名が揃い夕食後は花火タイム。

104.jpg

初日と言うことで、この日は21時にお開き。明日は早めに起きてヤマメを狙いたいと思います。
posted by tarumit at 10:39| キャンプ

2017年08月07日

垂水で大サバ狙い第8弾

しつこい様ですが土曜日にまたまた行って来ました。今回も土曜日メンバー4人との釣行です。場所は垂水大波止、通称東の3番。20時、潮がゆっくり西へ流れる中、スタートです。

DSC00003.JPG

やはり今回もアタリは殆どありません。さすがにこう言う状況にも慣れて来ました。21時過ぎになり何度かタチウオのアタリがありますが、型が小さいのか針掛かりしません。サバも一応釣れましたが20pのリリースサイズ。その後、潮が東に走り出し続行不能、気力も段々と無くなって行きます。午前0時、3104k君、まさが脱落。私も止めようと思ったのですが、せきやんさん、ゆうすけがまだ頑張るとのことで、延長戦突入。ちょうどその頃から潮も緩み出し、ようやくまともに釣りが出来る状況になります。すると、ここからアタリ連発。ウキが沈んだり、浮いたりを繰り返し、どこで合わせばいいのか分からないアタリが続きます。ここぞと言うところで合わせてもなかなかヒットしません。仕掛けを回収するとハリスはザラザラ。小型のタチウオの仕業だと思い、「何が何でも釣ってやるぅ〜!」と深夜でフラフラな状態にもかかわらずテンションが上がってしまいます。すると、隣のせきやんさんがようやくヒット。釣れたのは予想外のカマス。完全にタチウオだと思っていた所に、カマスが釣れて拍子抜けしてしまいます。しかし、指2本サイズのタチウオより「おかず」としては釣る価値があるので、私も必死になって狙います。7、8回目位空振りのあと、ようやく私にもヒット。

DSC00005.JPG

28pのカマスです。その後もアタリは止まること無く続くのですが、1匹追加するのみでエサ切れで午前3時30分納竿です。せきやんさんは途中から釣り方が分かったのか連発で7、8匹ほどをゲット。ゆうすけも何とか1匹を釣り上げました。せきやんさんが全部要らないと言うことで5匹頂き、全部干物にさせて頂きました。

さて、これでようやく今シーズンの大サバ狙いは終了とします。盆明けからは、青物、スズキをメインに飲ませ釣りに励みたいと思います。

■ 釣果 ■
カマス 26〜28p 2尾
■ タックル ■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号
ウキ:5B タナ:1.5〜2ヒロ
■ エサ ■
キビナゴ
posted by tarumit at 01:59| 釣り

2017年08月04日

垂水で大サバ狙い第7弾

今年は既に6回チャレンジしている大サバ。しかし、釣れたのは1本のみ。貰ったものと合わせて2本をしめ鯖にして、その味が忘れられなくて、懲りもせず昨日も狙いに行きました。今回はちゃんと潮を読んで西エリア3番に釣行です。19時半に現地へ到着すると、入りたかった先端には既に先客が。しかし、この日の転流が21時半頃。この前後30分が狙い目なので、それまでは西向きで暇潰しです。1投目からアタリがありますが、釣れたのは15pほどの小サバ。その後、単発で小サバのアタリが出ますが全て無視します。20時半頃に先客が帰られたので場所移動。グッドタイミングで気合が入ります。潮はまだ西向きに激流ですが、21時を過ぎた頃から急に緩み出します。いよいよ時合いか?と思われた瞬間、ウキがもぞもぞと入り完全に海の中に消えて行きます。すかさず合わせるとかすかな手応え。また小サバかと思われたのですが、釣れたのは尻尾の無いタチウオ。

DSC00002.JPG

嫌な予感が頭をよぎります。するとやはり次もタチウオです。

DSC00005.JPG

型が小さすぎて話になりません。その後も連発でタチウオが当たって来ます。潮止まりと同時にタチウオの大きな群れが入って来た様です。ハリスがナイロンなので、合わせた瞬間に切られることもしばしば。そしてようやくぎりぎりキーパーサイズがヒットです。

DSC00006.JPG

タチウオのアタリは約40分ほど続き、潮が東へ流れると同時に群れも移動した様です。その後は何も当たらずとうとう22時30分になります。過去2回、諦めかけたこの時間帯に大サバが上がっています。時合いを逃し、終わりたい気持ちでいっぱいなのですが、妙な期待感がそうさせてくれません。すると、気持ちが通じたのか、ラスト1投で待望のアタリ。手応えも十分で「よっしゃ〜!」と思ったのも束の間、釣れたのはまたまた75pほどのタチウオ。これで残念ながら閉門の時刻となり終了です。

この日は絶好の潮だったのですが、タチウオに邪魔をされた感じです。もう釣れる気配は感じられませんが、まだエサが残っているので、あとダメ元で1、2回は狙ってみようと思います。

■ 釣果 ■
タチウオ 50〜75p 4本
■ タックル ■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号
ウキ:5B タナ:1.5〜2ヒロ
■ エサ ■
サンマ切り身
posted by tarumit at 14:59| 釣り