2017年06月11日

垂水西5番(9回目)

昨日はTFCのせきやんさん、まさと3人で行って来ました。現地には6時前に到着。釣座はじゃんけんで決め、東の角からまさ、私、せきやんさんの順に入り7時にスタート。

c.jpg

この日の潮は大潮。満潮からの下げを狙います。激流が予想されましたが、意外にも流れが穏やか。と言うより殆ど流れてません。風も流れも無く釣り易いのですが、オセンが早朝からどんどん沖に出てサシエが通りません。ならばと遠投で狙いますが、今度はグレが喰ってくれません。タナを少し深くして狙っても全く反応無しです。試行錯誤を続ける中、超遠投タナ1.5ヒロほどでようやく25pほどのグレがヒット。グレは湧いて居らず、その後も釣れるもののなかなか連チャンはしません。

11時頃から沖の潮が走り出すと、釣座前もその引かれ潮で大潮らしい流れとなります。本流と引かれ潮の境に出来た潮目にはオセンが集まり、沖向きには空白部分が出来ます。そこにパラパラとマキエを打つとようやくグレの群れが出現。ここでタナを矢引に変更して狙い撃ちすると、待ちに待った連チャンモード突入です。しかし、浮いているグレの群れはどれも型が小さく釣れるサイズは20p前後ばかり。試しに更に沖を遠投で狙ってもサイズアップするどころか15p以下も喰って来ます。こんな状況が1時間ほど続き、木っ葉の時合いは終了です。

その後、潮が落ち着き始めると再び沈黙タイムです、時々グレは浮くのですが、喰い気は無くサシエはスルーです。ラスト1時間は浅ダナで沖の本流筋を狙い、たまたま良型を数枚追加しますが、数も伸びずに15時前に納竿とします。

例年そうですが、梅雨時期に入ると数は出ますが型が揃わなくなります。昨日は潮が動いた時だけ一時的に喰いましたが木っ葉ばかりでした。ただ、良型は居ないわけではありません。いかにオセン、木っ葉をかわして良型を喰わすか、その時の状況に応じて色々と工夫が必要になって来ます。難しいが故に、面白い時期になって来ましたね。

b.jpg

■ 釣果 ■
グレ 20〜30p 16尾 (30pUP 1尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無 タナ:2ヒロ→矢引→1ヒロ前後
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1s+パン粉4s+ヌカ5s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 11:06| 釣り