2017年06月11日

垂水西5番(9回目)

昨日はTFCのせきやんさん、まさと3人で行って来ました。現地には6時前に到着。釣座はじゃんけんで決め、東の角からまさ、私、せきやんさんの順に入り7時にスタート。

c.jpg

この日の潮は大潮。満潮からの下げを狙います。激流が予想されましたが、意外にも流れが穏やか。と言うより殆ど流れてません。風も流れも無く釣り易いのですが、オセンが早朝からどんどん沖に出てサシエが通りません。ならばと遠投で狙いますが、今度はグレが喰ってくれません。タナを少し深くして狙っても全く反応無しです。試行錯誤を続ける中、超遠投タナ1.5ヒロほどでようやく25pほどのグレがヒット。グレは湧いて居らず、その後も釣れるもののなかなか連チャンはしません。

11時頃から沖の潮が走り出すと、釣座前もその引かれ潮で大潮らしい流れとなります。本流と引かれ潮の境に出来た潮目にはオセンが集まり、沖向きには空白部分が出来ます。そこにパラパラとマキエを打つとようやくグレの群れが出現。ここでタナを矢引に変更して狙い撃ちすると、待ちに待った連チャンモード突入です。しかし、浮いているグレの群れはどれも型が小さく釣れるサイズは20p前後ばかり。試しに更に沖を遠投で狙ってもサイズアップするどころか15p以下も喰って来ます。こんな状況が1時間ほど続き、木っ葉の時合いは終了です。

その後、潮が落ち着き始めると再び沈黙タイムです、時々グレは浮くのですが、喰い気は無くサシエはスルーです。ラスト1時間は浅ダナで沖の本流筋を狙い、たまたま良型を数枚追加しますが、数も伸びずに15時前に納竿とします。

例年そうですが、梅雨時期に入ると数は出ますが型が揃わなくなります。昨日は潮が動いた時だけ一時的に喰いましたが木っ葉ばかりでした。ただ、良型は居ないわけではありません。いかにオセン、木っ葉をかわして良型を喰わすか、その時の状況に応じて色々と工夫が必要になって来ます。難しいが故に、面白い時期になって来ましたね。

b.jpg

■ 釣果 ■
グレ 20〜30p 16尾 (30pUP 1尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無 タナ:2ヒロ→矢引→1ヒロ前後
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1s+パン粉4s+ヌカ5s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 11:06| 釣り

2017年06月07日

垂水西5番(8回目)

我が家の味噌漬けのストックも無くなり、昨日は食材調達のため西5番へ単独釣行。釣り座確保のため朝一で現地到着するも、グレ狙いの釣り人は私のみ。これが吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、取りあえず東向きコーナーを陣取り、午前6時30分スタート。

DSC00001.JPG

まずは数杯のマキエを撒いて海を観察。すると、いつもは夜が明けると同時に漂い出すオセン軍団が全く居ません。???の連続で撒き続けること10分、ようやくチラホラと現れますが、何か動きが大人し過ぎです。一応オセンも出て来たので、竿3〜4本先をタナ2ヒロから探って行きます。しかし、やはりオセンが余り沖に出ず、たまに出てもすぐに消えるため、グレはおろかサシエさえも取られずに時間だけが過ぎて行きます。嫌な空気が漂う中、8時過ぎにようやくグレがヒット。しかし、後が続きません。エサの入り過ぎなのか、海の状況が悪いのかは分かりませんが、この時期にしては珍しいほどの活性の悪さです。その後も単発でグレは喰うのですが、タナも深く型も小型ばかりです。10時半になり、釣果はまだ4枚。しかも全て25p以下の小型です。ここで小休止。釣り場移動も検討しながら海をぼーっと眺めているとようやく原因が見つかります。「海鳥」です。「ウミウ」か「カワウ」かは分かりませんが、こいつが2羽居て西5番周辺を何度も潜水しているのです。これではグレもオセンも警戒して沖には出ません。ここで続けても無駄と判断して、海鳥が居なくなるのを待ちます。

昼食を取りながら待つこと1時間、一文字との水道を通る2隻の漁船に驚いて、ようやく海鳥が遠くへ飛んで行きます。これで釣れると確信、すぐ様広範囲にマキエを打ち、海を活性化させます。案の定、これまでの欲求が溜まっていたのかオセン軍団も本来のパワーを発揮。エサを撒いているのが私だけなので、釣り座前は沖まで真っ黒です。これはこれで厄介ではありますが、居ないよりはマシなので、まずは超遠投で様子を見ます。すると仕掛け着水後すぐに良型がヒット。沖なので見えませんが、浮いている様です。ここでタナを矢引に変更すると入れ喰い状態です。。後半は潮が緩み、オセンも徐々に沖に漂い始め、ペースは落ちますが、上手くかわせば必ずグレは喰って来ます。まだまだ釣れそうな雰囲気でしたが、後半にマキエを消費し過ぎて15時前にエサ切れとなり終了です。

ここ最近、数は釣れるものの型が揃わないとの話を良く聞きます。警戒心の少ない小型は一旦スイッチが入ると大群で浮きます。数釣り目的ならこれを狙えばいいのですが、型を拾うのであればその群れの下かその沖を狙う方が得策です。西5番の場合、私の経験上更に沖を狙った方が型が良くなることが多いです。イメージとしては、オセン軍団を際に集め、そこから沖20m前後まで走らせ、30m前後に小型グレを浮かせ、40m以上先で良型を釣る感じでしょうか。

DSC00011.JPG

■ 釣果 ■
グレ 22〜31p 23尾 (30pUP 2尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無 タナ:3〜3.5ヒロ→矢引
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤2s+パン粉4s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 08:50| 釣り

2017年06月05日

目的(地)の無い旅

最近、週末は釣りばかりで、あまり遠出をしていなかったため、この土日は家族でドライブに行って来ました。ぎりぎりまでどこに行くかが決まらず、取りあえず泊まれる準備だけして土曜日の朝に出発。今回、釣りは封印するため、まずは北の山間部へ向かいます。国道175号線を北上、丹波市街を超えた所で「独鈷の滝」と書かれた看板を発見。暇潰しに少し寄り道をしてみます。渓谷横の細道を登って行くと滝の近くに「岩瀧寺」と言う古寺があります。ここで車を停めてしばし散策。このお寺で珍しいものを発見。

001.JPG

「プチ四国八十八ヶ所霊場」です。ここでお参りして、気持ちだけ八十八ヶ所巡りをします。お寺を後にしてその後、青垣の道の駅に立ち寄り、京都の夜久野町にある道の駅「農匠の郷やくの」に到着。

002.JPG

夜久野町周辺にはこれと言った観光地も無いため、ここでしばしロング休憩に入ります。道の駅内には色んな施設が設けられており、まずは「ベゴニア園」を散策。

003.JPG

私もそうでしたが、チビは全く興味が無かった様です。その後、すぐ横に広場を発見。

004.JPG

ここでチェアを出して、のんびりしようと思ったのですが、やはりそうはさせてもらえず野球の練習です。夕方までみっちり遊んだため、時間的にもう移動は無理なので、この日はここに宿泊です。と言っても寝るのは車の中。まずは腹ごしらえです。

005.JPG

我々の他にも3台ほど同様のキャンパーがいました。いわゆる「道の駅族」ですね。夕食の後は同じく敷地内にある温泉施設「夜久野高原温泉」へ。

DSC00013.JPG

大人600円、子供300円とリーズナブル。空いていたのでのんびり出来ました。

翌朝は早朝からガラガラの駐車場でキャッチボールの練習。その後、朝食の後は再び広場へ移動して野球の練習です。

006.JPG

せっかくなのでどこかへ観光に行きたいのですが、我が家のチビは野球にしか興味がありません。帰りも観光地よりも広場を探して移動です。次に向かったのは生野銀山湖の上流にあるキャンプ場。

007.JPG

008.JPG

一応、車乗り入れ可能なキャンプ場ではありますが、穴場なので日曜にもかかわらず利用者はゼロです。ここで森林浴を兼ねて、夕方まで野球の練習です。

あっと言う間の2日間でしたが、「ドライブ」と言うよりまるで「野球の合宿」の様でした。観光も殆ど出来ずにわざわざ疲れに行った感じではありましたが、チビにとっては達成感のある満足な2日間だった様です。体力的には多少きつい面もありますが、お金も掛けずにチビも喜んでくれるので、当分このスタイルは続きそうです。
posted by tarumit at 10:30| キャンプ