2017年05月25日

垂水西5番(6回目)

梅雨に入るとなかなか釣りに行けなくなるので、行ける間に出来るだけ釣行しようと思う今日この頃。昨日もTFCのトシさんが行かれるとのことで、私も便乗させて頂きました。但し、午後から仕事があるのでお昼までの半日勝負です。現地には6時前に到着。小雨模様のため釣り人は少なく、外向きで竿を出しているのは後から来られた夢日和さんと合わせて3人のみです。

DSC_0095.JPG

まずはマキエを撒いて海を観察。天候のせいか、潮の具合が悪いのかオセンは殆ど沖に出ません。これではグレは釣れない(釣れる可能性が低い)ため、マキエの縦撒きで沖へ誘導するのですが、やはり動きが悪い様です。それでも粘ること1時間、ようやく平常を取り戻し徐々にオセンが沖に出る様になると、案の定その先端でグレもにわかに浮いて来る様になります。それを狙いうちにするわけですが、如何せんグレが浮いている時間が短いのと、マキエに群れるボラ軍団を掛けない様にアワセも若干消極的になり、なかなか連発とまでは行きません。そうこうしているうちにTFCのYHさん、遅れてさわいちさんも参戦。5人で必死になって見えているグレを狙います。

マキエが効き出すとオセンもどんどん沖に出る様になり、今度はサシエが残らなくなります。かと言ってオセンを際に釘付けして、遠投で狙うとサシエが残ります。大体オセンの群れの先5〜10mくらいで、マキエを塊では無く、ばらける様に拡散して打つとボラ軍団の下にかなりの数のグレが浮く様になります。ただ、あまり上下運動はしておらず漂う感じで出てくるためにいわゆる「掛け合わせ」が必要になります。神経を尖らせ、ウキの下に装着したマーカーの動きで即アワセを入れないと掛かりません。これで何とかようやく入れ喰いモードに入ります。

7、8枚ほど連発した後、今度はオセンが早朝の様にあまり沖に出なくなります。するとまたもグレは単独で浮かなくなり、マキエでオセンを動かしてその先端に出るグレを狙う戦法に戻します。しかし、今度はサシエには見向きもせず、マーカーも全く走りません。結局11時以降はたまたま釣れた3枚のみで予定通り12時過ぎに終了です。

この日は海の状況がコロコロ変わり、それによってオセンの動きも掴み辛い1日でした。ただ、セオリー通りにやればグレは高確率で浮いて来たので、さほど問題ではありませんでした。あとはいかに確実にグレを掛けるかがテーマです。もう少し作戦を練ってみようと思います。

DSC_0101.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜30p 17尾 (30pUP 1尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無 タナ:矢引
■ エサ ■
マキエ:前回の余りエサ+集魚剤0.5s+パン粉2.5s+ヌカ3s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 00:14| 釣り