2017年05月22日

垂水西5番(5回目)

火曜日に引き続き昨日も西5番へ行って来ました。日曜と言うこともあり、いつもより早めに現地に到着。東の角からまさ、私、せきやんさんと並んで6時45分スタートです。

006.JPG

当日は若潮と言うこともあり流れは穏やか。透明度も高く釣れそうな雰囲気です。が、それが全く釣れません。オセン、ボラは居るのですが、いつもより数が少なく動きも不規則です。と言うのもこの日は日曜日。晴天無風の釣り日和であるため、5番だけで無く3番側も釣り人でいっぱいで、あちらこちらでエサが入るために魚が右往左往しているのです。

007.JPG

ここのグレはオセンかボラに付くため、この状況ではなかなかポイントは作れません。ではこの状況をいかにして打破するのか。方法はありません。ただ耐えるだけです。我慢の釣りが続く中、開始2時間半、ようやくせきやんさんがグレをヒット。その後もポツリポツリと釣れて、とりあえず3人共に釣果が出た所でお昼休憩を入れます。その後、後から来られた夢日和さん、TFCのひろさん、その他のフカセ師達も続々と帰られて午後からはエサ取り地獄に陥ります。しかし、魚が集まったお陰でグレもチラホラと見える様になり、浅ダナでも単発でグレが喰う様になります。ただ、時合いは短く、釣れては長い沈黙、釣れては長い沈黙の繰り返しです。その後も粘りますが、なかなか釣れるパターンが掴めない上に徐々に南風も強くなり、とうとう15時半にギブアップです。

兎に角厳しい1日でした。グレも潮が動いた時に何度か浮きましたが、オセンを動かさないと出て来ません。しかも、そう言う時は型が小さく、15前後の小型も何度か掛かりました。オセンが居ない沖も狙いましたが、たまに釣れることもありましたが、サシエは大体残って帰って来ました。悪天候で、エサが入らない日が何日か続けば、また活性が上がるとは思いますが、当分は無さそうな雰囲気です。大釣り出来るのは梅雨の晴れ間を狙うしか無いかもしれません。

008.JPG

■ 釣果 ■
グレ 22〜30p 9尾 (30pUP 1尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無 タナ:矢引〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1s+パン粉3.5s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 13:20| 釣り