2017年05月17日

垂水西5番(4回目)

日曜日の明石での釣果があまりにもひどすぎたので、そのうっぷん晴らしに西5番へ行って来ました。現地に到着すると、釣り仲間の夢日和さん他1名が既にグレ狙いで入られていたので、東から3番目に入り7時スタート。

DSC00001.JPG

潮の流れは穏やかで釣り易そうですが、既に海面はオセンだらけ。サシエが通せそうな場所が見当たらないため、1投目から大遠投で狙います。すると何と開始30秒ほどで良型がヒット。「今日は爆釣かも?」と期待しますが、世の中そんなに甘くありません。沖にマキエが効き出すと、オセンもどんどん沖に漂い始め、遠投でもサシエが秒殺です。オセンを際近くまで戻すために少し間を取って狙う戦法で何とかグレを拾って行きますが、これではなかなかペースが上がりません。

10時頃より潮が若干動き出したのを機に、マキエでオセンを際→沖→際→沖と何度も動かしていると、ようやく竿3〜4本先でオセンと共に多数のグレが浮く様になります。ここでウキ下を矢引に変更。これでようやく連発となりますが、釣れるサイズが全て25p以下の小型ばかりです。楽しいのでこれはこれでいいのですが、この日の私のノルマは10枚。それも味噌漬け用に出来れば27pUPを揃えたいので、浅ダナ狙いはほどほどにして再び遠投深ダナで良型狙いに徹します。

午後からは潮が複雑に流れ始めると、オセンの動きも読み辛くなり苦戦が続きます。サシエが通ればたまにグレは釣れるのですが、単発過ぎて面白味に欠けます。14時を過ぎると、全くグレの姿も確認出来なくなり、オセンをかわしてもサシエが残り始めます。後半はほぼダメ元で続けましたが、やはり結果は出ず16時前にフィニッシュです。

ようやく水温も上がり、海は賑やかになって来ました。オセン、ボラもかなりの数が出て来ましたが、グレもそれに連れて随分浮く様になって来ました。浮いているグレの中にチラホラと良型も混じっていますが、どうしても小型が先に喰って来ます。数を釣ればそのうち良型も喰って来るとは思うのですが、あえてこれを狙わずに、その先の深場狙いで型が出ることもあります。この日はそのパターンで型は揃えられましたが、27pUPは7枚とノルマは達成出来ませんでした。10年以上も通っている釣り場ですが、いつまで経っても完璧に攻略出来ません。本当に難しい釣り場です。

DSC00005.JPG

■ 釣果 ■
グレ 22〜29p 15尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00、M-000 ガン玉:無 タナ:矢引〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+余りエサ+集魚剤1s+パン粉2s+ヌカ3s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 06:49| 釣り