2017年05月01日

垂水西5番(2回目)

いよいよ垂水もグレの季節がやって参りました。と言うわけで、昨日はTFCのせきやんさん、まさとホームグラウンドの西5番へ行って来ました。実に4ヶ月振りのグレ釣りです。GWと言うこともあって、釣座確保のため早めに現地へ向かいますが、既に東コーナー付近は空いておらず、少し西寄りに3人並んで7時前よりスタートです。

DSC00002.JPG

まずは、この時期の特効エサであるアオサを針に巻き付け、タナ3.5ヒロで開始。潮は西向きへ流れるやり辛い流れですが、開始早々よりオセンも活発で期待度十分です。開始15分、潮下に入ったまさが今シーズンのファーストヒット。続いて私、せきやんと連続ヒット。開幕戦にしては珍しいほどの活性の高さです。

DSC00001.JPG

その後、潮が複雑に流れ、思う様に仕掛けを流すことが出来ませんが、緩んだ瞬間には必ずと言っていいほどアタリが出ます。ただ、アオサを使った場合、グレは一気に喰い込まず、針から垂れ下がった部分から引っ張る様に捕食するために、アワセても素針、針ハズレが多く、なかなか連発とは行きません。
10時を過ぎた頃からボラの数も増え、オセンもマキエにつられて沖に出る様になると、チラホラとグレが見える様になります。そこで、タナを全遊動に変更して2ヒロから探って行きます。アタリは分かり辛いですが、抵抗が減った分、喰い込みが良くなり再びグレが釣れる様になります。途中、試しにオキアミを使うといとも簡単にヒットしますが、その後はさっぱりで再びアオサに戻します。気が付けばプール内も釣り人で超満員です。

DSC00003.JPG

たまにイワシが釣れているくらいで、あまり芳しく無い様です。外向きに竿を出している我々も、午後から向かい風が強まりペースダウン。マキエの顔面シャワーを浴びながら頑張りますが、いよいよ15時を過ぎた頃から続行不能となりせきやんさんとまさがリタイヤ。私もマキエが残っているので暫く粘りましたが、限界を感じ16時前にギブアップです。

この日は開幕戦と言うことでセオリー通りアオサで狙いましたが、マキエを拾うグレの姿も確認出来たので、オキアミでも十分喰うと思われます。ただ、まだオセンの動きも読み難く、深い層でウロウロしているので、多少は難しい部分もあるかもしれません。水温が16℃を超えるまでは、状況に応じてアオサとオキアミを使い分けて狙った方がいいかもしれません。

DSC00007.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜29p 11尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-G6→M-00 ガン玉:G6+G8→G8 タナ:2〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:集魚剤2/3袋+パン粉3s+ヌカ4s+アオサ
サシエ:アオサ、オキアミS
posted by tarumit at 10:17| 釣り