2017年05月04日

明石公園

GW後半初日の3日、天気もいいので急遽お出かけすることに。郊外は混雑、渋滞が予想されたので近場をネットで検索。悩んだ挙句、行き先は超近場の「明石公園」に決定です。サラリーマン時代に花見で行ったきり、約20年ぶりです。

a.jpg

園内を適当に散策。

b.jpg

次に広場を見つけて野球の練習。

c.jpg

2時間ほど汗を流し、最後は遊具のある「子供の村」へ。

d.jpg

明石公園は明石城跡を中心に野球場や陸上競技場、テニスコート等の競技施設、またレストランやボート乗り場、遊具施設等もあり、その広さは驚くほどです。今回は駐車場→城跡→広場→子供の村→駐車場と移動しましたが、最短距離を通って約3qほどの距離があり疲れました。更に毎回そうですが、我が家は一人っ子なので、どんなことでも親が付き合わされます。お陰で公園を出る頃にはヘトヘトでした。

さて、4日、5日も晴天とのことです。体がもつかどうか心配です。
posted by tarumit at 00:00| その他

2017年05月03日

垂水西5番(3回目)

先日、後半に風の影響で満足の行く釣りが出来なかったので、再びチャレンジ。今回はTFCのウミノリダー君との釣行です。平日と言うことでこの日はガラガラ。コーナーにウミノリダー君、2番目に私が入り7時30分スタート。

DSC00001.JPG

先日よりオセン軍団は活発です。先日、喰い込みが悪かったので、ウキを00、ガン玉G8を針上30pにセット、仕掛けが立てばウキがシモル様にして、出来るだけ抵抗を無くして探って行きます。開始1時間、ようやくヒット。その後も単発で掛かりますが、小型ばかりです。マキエが効き出し、オセンが沖に出る様になり、ボラの数も数十匹が集まり出すと、グレもかなりの数が見える様になります。先にサシエをオキアミに変えていたウミノリダー君が立て続けにグレを掛けているのを見て、私もオキアミにチェンジ。タナも浅くして狙いますが、アタリは小さくグレの口に掛けるのが大変です。後にTFCのノリさんも参戦。3人で必死になって浮いているグレを狙いますが、なかなか3人とも連発とまでは行きません。そんな中、ウミノリダー君は良型をヒット?

DSC00005.JPG

グレでは無くボラです。浮いているグレの周りには数多くのボラもいるために、アタリの見極めが難しくなります。掛けるとやり取りをしなければならないので結構面倒臭いです。
その後15時頃からは潮が変わりグレは浮かなくなり再びアオサに変更です。何とか2枚を追加してエサ切れで16時過ぎに納竿とします。

現状ではまだアオサの方が喰いが良いですが、グレが浮き出せばオキアミの方が分があると思います。例年、5月には30pクラスが出るので、また近いうちに狙いに行きたいと思います。

DSC00009.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜28p 11尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:G8、無 タナ:矢引〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:前回の余りエサ+集魚剤1/3袋+パン粉3s+ヌカ4s+アオサ
サシエ:アオサ、オキアミS
posted by tarumit at 12:45| 釣り

2017年05月01日

垂水西5番(2回目)

いよいよ垂水もグレの季節がやって参りました。と言うわけで、昨日はTFCのせきやんさん、まさとホームグラウンドの西5番へ行って来ました。実に4ヶ月振りのグレ釣りです。GWと言うこともあって、釣座確保のため早めに現地へ向かいますが、既に東コーナー付近は空いておらず、少し西寄りに3人並んで7時前よりスタートです。

DSC00002.JPG

まずは、この時期の特効エサであるアオサを針に巻き付け、タナ3.5ヒロで開始。潮は西向きへ流れるやり辛い流れですが、開始早々よりオセンも活発で期待度十分です。開始15分、潮下に入ったまさが今シーズンのファーストヒット。続いて私、せきやんと連続ヒット。開幕戦にしては珍しいほどの活性の高さです。

DSC00001.JPG

その後、潮が複雑に流れ、思う様に仕掛けを流すことが出来ませんが、緩んだ瞬間には必ずと言っていいほどアタリが出ます。ただ、アオサを使った場合、グレは一気に喰い込まず、針から垂れ下がった部分から引っ張る様に捕食するために、アワセても素針、針ハズレが多く、なかなか連発とは行きません。
10時を過ぎた頃からボラの数も増え、オセンもマキエにつられて沖に出る様になると、チラホラとグレが見える様になります。そこで、タナを全遊動に変更して2ヒロから探って行きます。アタリは分かり辛いですが、抵抗が減った分、喰い込みが良くなり再びグレが釣れる様になります。途中、試しにオキアミを使うといとも簡単にヒットしますが、その後はさっぱりで再びアオサに戻します。気が付けばプール内も釣り人で超満員です。

DSC00003.JPG

たまにイワシが釣れているくらいで、あまり芳しく無い様です。外向きに竿を出している我々も、午後から向かい風が強まりペースダウン。マキエの顔面シャワーを浴びながら頑張りますが、いよいよ15時を過ぎた頃から続行不能となりせきやんさんとまさがリタイヤ。私もマキエが残っているので暫く粘りましたが、限界を感じ16時前にギブアップです。

この日は開幕戦と言うことでセオリー通りアオサで狙いましたが、マキエを拾うグレの姿も確認出来たので、オキアミでも十分喰うと思われます。ただ、まだオセンの動きも読み難く、深い層でウロウロしているので、多少は難しい部分もあるかもしれません。水温が16℃を超えるまでは、状況に応じてアオサとオキアミを使い分けて狙った方がいいかもしれません。

DSC00007.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜29p 11尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-G6→M-00 ガン玉:G6+G8→G8 タナ:2〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:集魚剤2/3袋+パン粉3s+ヌカ4s+アオサ
サシエ:アオサ、オキアミS
posted by tarumit at 10:17| 釣り