2017年05月08日

淡路 志筑新島

GW最終日、ようやくチビから解放され、TFCメンバー3人と共に淡路へグレ狙いに行って来ました。向かった場所は志筑新島、通称「イオン裏」です。現地には午前5時半着。ゆっくりと準備を済ませ、南からせきやんさん、まさ、ウミノリダー君、私の順に入り。6時過ぎにスタート。

DSC00002.JPG

オセンが少ない状況でまず最初に竿を出したウミノリダー君が、何と1投目でグレをゲット。その後も連発、続いてまさもグレを掛けています。私はまだエサをこねている状態。慌てて私も準備を済ませ、みんなに遅れること15分、ようやく第1投。しかし、既に海面はオセンで埋め尽くされ全くサシエが通りません。そこで大遠投で試しますが、今度はサシエが残りっぱなしです。やはりオセンの群れから離れるとグレも出ない様です。オセンが出る微妙な距離感を計りながら、探ること30分、ようやく私にも30p弱のグレがヒット。その後も単発ではありますが5枚のグレとチヌ1枚をキープして前半終了です。竿を置いてみんなの様子を見にうろうろ。ちょうどまさがグレと格闘中です。

DSC00006.JPG

10時になり、イオンも開店。まさを連れてお買い物タイムです。昼ご飯を調達してちょっと早めのお昼休憩。

DSC00009.JPG

小1時間ほど休憩を取って、11時半頃から後半戦開始です。釣り場を休ませたお陰で、オセンも少なく早々に1枚をゲットしますが後が続かず。潮の流れも速く、風も出始めて諦めモードが漂い始めます。そんな中、ぼんやりウキを眺めていると白い影が一瞬見えた様な気がしたので、もう一度沖にマキエを打って様子を見ます。すると、またも白い影が現れます。マキエを打って僅かな時間ですが、数回白い影が現れます。沖なので見え難いのですが、これはグレだと確信。すぐ様ウキ下を1mに変更して試してみるとすぐにアタリ。釣れたのは丸々としたグレ。型も軽く30pを超えています。良型がエサを拾いに急浮上している様です。このパターンがはまり連発しますが、南風が更に強まり、そのお陰で上潮が滑りマキエの同調に苦戦します。「これから」と言う状況だっただけに残念でしたが、マキエも遂に底を付き、14時過ぎに終了です。

釣果は全員でちょうど30枚と爆釣とまでは行きませんでしたが、釣れた型の殆どが27p超とまずまずでした。私も珍しくリリースサイズが無かったのでオールキープしました。「イオン裏」は車も横付け出来、買い物も出来て非常に便利な釣り場なのでお勧めですよ。

DSC00011.JPG

■ 釣果 ■
グレ 27〜32.7p 10尾(30pUP 3尾) チヌ 39p 1尾
■タックル■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:G7→無 タナ:2〜3ヒロ→1m
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+パン粉3s+ヌカ5s
サシエ:オキアミS
posted by tarumit at 10:53| 釣り

2017年05月06日

子供の日

ようやく公園巡りから解放され、昨日は朝から家でまったり。と思っていたのですが5日は「子供の日」。家でじっとしていることに何となく罪悪感を感じ、野球用具一式を持って取りあえずアジュールへ。

DSC00001.JPG

まずは、グレ狙いに来られているTFCのせきやんさんを冷やかしに西5番へ。それにしても凄い人の数です。魚より釣り人の方が多い感じです。さて、せきやんさんの釣果は...結構釣られています。ここで私の悪い癖が。釣果を見て居ても立っても居られなくなり、お願いして竿を拝借。せきやんさんの指導通りやってみると2投目でグレがヒットです。30分ほどお邪魔して今度は海岸を散歩。チビのリクエストに応え、1時間ほど砂浜で野球の練習です。

DSC00003.JPG

砂浜は走り難いので、結構きつかったです。
これでGWも残り2日。最終日は淡路に釣りに行くので、明日がチビの相手が出来る最後の日。雨の予報ですが、合間を見てキャッチボールくらいはしてやろうと思っています。
posted by tarumit at 21:26| その他

2017年05月05日

どんぐりっこの森

3日に続き、4日も朝から晴天。やはりチビが「遊びに行きた〜い、どっか連れてって〜」と叫ぶので、再びネットで検索。この時期、「混雑しない所=人気の無い所」なのでなかなか場所が決まりません。「Googleマップ」を隅から隅まで探していると、「冒険ひろば どんぐりっこの森」と言う何となく魅力的な名前の場所を発見。ネットで調べても細かな紹介が出て来ません。もしや「穴場」では?と思い、一か八かで行ってみました。場所は加東市、東条湖の少し手前です。自宅からは約40q、国道、高速を使わず空いている県道を使って1時間ほどで到着です。

県道から入る農道です。向こうに見える森が目的地です。「穴場」と言うより「秘境感」が漂います。

001.JPG

駐車スペースは3台ほど。我が家の車以外はありません。公園の入り口も良く分かりませんが、とりあえず道らしき所を見つけ奥に入って行きます。

002.JPG

003.JPG

004.JPG

005.JPG

園内には小規模ではありますが、木で作られた遊具施設が幾つかあります。森の斜面に作られており、「冒険」の名にピッタリの雰囲気です。しかも、来場者は我が家のみ、まるで貸し切り状態です。

006.JPG

007.JPG

木とロープだけで作られたアスレチック風の施設は、メンテの心配はありますが、それがかえってスリル感を出しています。訪れる人が少ないのか、蜘蛛の巣が至る所に張ってあり、落ち葉も溜まって多少荒れ気味感はありますが、ワイルド感は満載です。説明するのは難しいですが、子供が遊ぶ施設で「安心、清潔、便利」を重視される場合はお勧め出来ませんが、アウトドア派には超お勧めポイントです。因みに我が家は後者なので、チビも無茶苦茶楽しんでました。我々夫婦も、昨日の疲れを癒すべく、木漏れ日が差す中、ハンモックに揺られて心地よい時間を過ごしました。

ここで4時間ほど遊んでいざ帰宅と思いきや、どうしても野球がしたいとのことで、帰りの道中で公園を探すことに。すると残念?なことにきれいな広場を発見。場所は三木にある「三木総合防災公園」。時間は午後5時、殆どの入園者が帰る頃に来たお陰でまたも貸し切り状態です。

008.JPG

ここで日が暮れるまでみっちり野球の練習をしてようやく解放されました。
この日は終日外で過ごしましたが、駐車場代も入場料も全てタダ。お弁当持参で殆どお金も使わず、渋滞、混雑も全く無く、我が家にとっては満足度の高い1日でした。それにしても疲れました。5日はゆっくりしたいですが、果たして我が家のチビは許してくれるのか。それが心配です。
posted by tarumit at 12:06| その他