2016年12月08日

垂水西5番(17回目)

最近、再びフカセ釣りにはまっている私。昨日も午後から用事があったのですが、久々にTFCのヒロさんから西5へ行くとの連絡があり、私も行く気満々モードに。ただ、突然の釣行だっただけにエサの準備がさっぱり。冷凍庫の中を覗くと、隅の方にいつ使ったか分からないほど前のオキアミを発見。色はオレンジ色、多少干からびていますが何とか使えそうです。これでサシエはOK(?)、マキエはオキアミ、集魚剤無しで勝負です。

現地到着は午前6時半。既に夢日和さん、TFCのYHさんが先に来られていたので、3番目に入ります。少し遅れてヒロさん、さわいちさんも到着。総勢5人ものフカセ師が並ぶことは西5では珍しいことです。果たして吉と出るか凶と出るか。

001.JPG

釣り開始は午前7時前。潮は西向きの悪い流れ。しかも、釣座の間隔が狭いため、あまり長時間流すことが出来ません。オセンも5人のマキエで右往左往状態です。これでは同じラインを流しても釣れないと判断。一か八かで大遠投で狙ってみるといとも簡単にグレがヒット。しかも31.5pのいきなりの良型です。「しめしめ」と思ったのも束の間、その後はピタリとアタリが止まります。狙うポイントを色々探りますが、なかなか自分のペースで釣りが出来ないため、ここで思い切って釣座移動を試みます。今までやったことの無い、西側先端で20分ほど竿を出してみますが、アタリはおろかサシエも取られません。オセンも皆無です。次にオセンが居る場所を探して東へ20mほど移動。ここでは多少オセンは居ますが、沖には殆ど出ません。なので、竿1〜2本先を探ってみたのですが、やはり無反応です。結局、約1時間ほどうろうろしながらポイントを探しましたが、釣果ゼロで再び元の釣座に戻ります。

9時過ぎより再開です。潮は東向きに変わっています。オセンはマキエに翻弄されている様で沖に出たり、出なかったりと動きがなかなか読めません。それでも、上手く仕掛けが入り、オセンさえ避ければ必ずアタリはあります。しかし、やはりサシエが悪いのかグレのアタリをなかなか捉えることが出来ません。掛けても何度も針ハズレしてしまいます。結局12時まで粘りましたが、追加は僅か4枚のみで終了です。

グレ釣りはポイントを探すことは当然ですが、釣れるまでの手順と言うか、作戦(攻め方)みたいなものをきっちりと組み立て、ある程度のパターンをみつけなければ数釣りは出来ません。そこそこ数が釣れる様なら、次はサイズUPのための作戦を練るわけですが、この日に限っては、エサの準備もさることながら、釣りそのものも自分が考える本来の「流れ」に沿うことが出来ませんでした。こうなると、やはり結果は付いて来ません。「波止のグレ」とは言え、なかなかマグレでは釣れませんね。

003.JPG

■ 釣果 ■
グレ 25〜31p 5尾 (30pUP 1尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し→G8 タナ:2〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 11:44| 釣り