2016年11月14日

まだまだ飲ませます

先日、久々にフカセをやって、「グレ後半戦開幕宣言」をしたつもりだったのですが、やはりまだ諦めきれない飲ませ釣り。と言うわけでまたまた青物狙いに垂水西3番へ行っちゃいました。現地到着は午前5時30分。日曜と言うことで早めに現地へ向かい、久々に3番先端確保です。まずはエサの調達。この時期になると、めっきり小アジも減り、タモで掬うことは不可能です。サビキの準備をして「太平の湯」前のプールへ移動。群れが小さく、何とか30分掛けて小アジ6尾とイワシ2尾をキープし、午前6時30分、飲ませ開始です。

004.JPG

潮は西向き激流です。本来ならこの本流筋を流して行きたいところですが、5番からの青物狙いのルアーマンがメタルジグを3番を超えて投げて来るためにそれが出来ません。仕方無く、潮の流れの緩い5番向きにイワシを付けて第1投。すると何と開始5分で青物がヒット。竿が柔らかいために、なかなか浮かすことが出来ずに苦戦しますが、5分ほどの格闘の末ようやくタモに収まったのがコレです。

005.JPG

メジロ68p!但し残念ながら曲がりです。しかし、アタリはこれっきり。その後、粘り続けますがとうとうエサも無くなり飲ませを一旦中断し、エサの調達に走ります。再び「太平の湯」前でサビキをしますが、全く反応無しです。周りの釣り人も全く釣れていません。先週末のイワシフィーバーが嘘の様です。3番に戻り、ウリ坊を狙いますが釣れるのはオセンとチャリコばかり。無念にもここで終了か?と思われたのですが、ここでダメ元で漁港方面にエサの調達に向かいます。すると西波止の西側、通称中央9番で大勢の釣り人を発見。良く見るとサビキでイワシが鈴なりです。タモで何十匹と掬っている人も居ます。私も用意して来たタモで掬うと、ものの3分で50尾ほどをゲットです。

006.JPG

すぐに釣座に戻り、飲ませ再開です。しかし、気合とは裏腹に、アタリは全くありません。13時頃に同行のまさにサゴシのアタリがありましたが、喰い込まずにフッキング失敗です。後半はお互いアタリはこれっきりで、粘っても無駄と判断して14時頃に終了します。

飲ませ終了後は再び中央9番に向かい、今度は自分達のおかず用にイワシ掬いを再開します。さっきよりも釣り人の数が増え、イワシも散り始めたのでなかなか上手く掬えませんが、何とか30分で50匹ほどを確保して終了です。

飲ませはそろそろ終盤です。青物、アオリの数も減って来ている上に、エサの確保も難しくなって来ました。イワシもマイワシばかりでおかず用としてはいいのですが、エサ用には大き過ぎてちょっと扱い難いです。出来れば最後に「曲がっていないメジロ」を釣って、今シーズンの飲ませ釣りを終わらせたいと思っています。

■ 釣果 ■
メジロ(曲がり) 68p 1尾
■タックル■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:4号→8号→8号×2
針:チヌ3号→タチウオ1号 ウキ:1.5号 タナ:3〜5ヒロ
■ エサ ■
マイワシ
posted by tarumit at 09:39| 釣り