2016年11月07日

サワラ獲ったど〜

昨日は久々に飲ませ釣りに行って来ました。場所はいつもの垂水西3番。釣りシーズン真っ只中、日曜と言うことでプール内、5番側は超満員。何とか空いていた3番先端より北寄り10mの所で釣座を確保。因みに5番側はこんな感じです。

001.JPG

プール側も入る隙間がありません。

002.JPG

まずはエサとなる小アジを獲ろうとアミエビを撒きますが、全く気配がありません。「これはやばい」とふとプール側に目をやると、イワシがサビキ釣りの仕掛けに鈴なりになっている光景が目に入って来ます。すぐに大平の湯前に移動。見ると居るわ居るわで周りではお祭り騒ぎになっています。そこで必殺タモ掬い。同行のまさとタッグを組んで一気にイワシを掬って行きます。所要時間、僅か2分ほどで50匹ほどを確保します。

005.JPG

全てがマイワシで、大きいものは20pを超えています。これはこれでおかずになるので、一応保険として数十匹をキープします。7時、ようやく飲ませ釣りを開始。間も無くして先端に入っていた飲ませ釣り師がハマチをヒットさせています。時合い到来で我々も期待したのですが、何事も起こらず時間だけが過ぎて行きます。

青物狙いを早々に諦めてアオリ狙いに変更しますが、アタリは2回のみでいずれも素針を引いてしまいます。11時を過ぎて嫌な予感を感じ始めたので、再びおかず用にイワシ掬いを再開。今回も3回掬っただけで5、60匹ほどをゲットです。

その後、再び飲ませ釣りを再開しますが、強い北風と時折降る小雨に体も冷え始め、諦めモードが漂い始めます。そんな中、同行のまさに久々のアタリ。しかし、フッキング出来ずに仕掛けを回収するとイワシが真っ二つになっています。犯人はサゴシです。私も急いでアオリ用からサゴシ用に仕掛けを変更します。今回はこれまでの経験を踏まえ、針を軸の長いタチウオ針に変更して狙ってみます。

すると間も無くしてウキが斜めに一気に入るサゴシ独特のアタリが出ます。タイミングを計ってアワセを入れると、ばっちりフッキング。掛けた瞬間は魚の動きを止められず、ラインが一気に出て行きます。動きが止まったのを確認して、ゴリ巻で魚を寄せて行きます。サゴシは一旦頭をこちら側に向けるとすんなり寄って来ます。際まで寄った時にその魚の大きさにビックリ。50p枠のタモになかなか入らず苦戦しますが、針がいい所に掛かっていたお陰で切られず、何とか時間を掛けてタモ入れ完了です。

007.JPG

「サワラ」と呼べる立派なサイズです。その後も何回かアタリはあるのですが、エサのイワシが大き過ぎて、なかなか喰い込んでくれません。そして、この日5回目のアタリでようやく2本目のサワラがヒットします。難なく際まで寄せてまたも問題のタモ入れの瞬間が来ます。良く見ると口には針の軸が見えません。針は口の中にある様で、あの鋭い歯で切られるのは時間の問題です。一発で決めないとラインブレイクは確実です。まさとの呼吸を合わせ、絶妙のタイミングでタモ入れをしたのですが、何せ今回も70pオーバーの大物で、上手く掬うことが出来ません。そして2回目のタモ入れの際、サワラが大きく頭を振り、同時に竿が軽くなります。やはり歯でラインを切られてしまい、痛恨のバラシです。その後、お互い1回ずつアタリがあったのですが、やはり喰い込まず、エサ切れとなり14時半に終了とします。

秋も深まるに連れ、ハマチやサゴシの数は減って来ましたが、サイズは随分大きくなって来ています。そろそろフカセ釣りをしたいところではありますが、このエキサイティングな釣りは、シーズンが終わるまでは止められそうにありません。

■ 釣果 ■
サワラ 78p 1尾
■タックル■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:3号→8号→8号×2
針:タチウオ1号 ウキ:1.5号 タナ:3〜5ヒロ
■ エサ ■
マイワシ
posted by tarumit at 00:00| 釣り