2016年10月07日

飲ませ単独釣行

昨日は朝から用事があったのですが、突然のキャンセル。ぽっかり時間が空いたので、暇潰しに垂水西3番へ出陣です。今回も今マイブームの飲ませ釣りで青物を狙います。

002.JPG

まずはタモでエサとなる小アジを確保。今年はアジ、イワシの回遊が多く、僅か5分ほどで30匹をキープします。釣り開始は午前9時。いつもより遅い時間なので、朝一の時合いは既に終わっています。しかし、今の時期は単発で回遊があるので、日中でも期待大です。第1投目は唯一ゲット出来たイワシを付けて、西へ流れる潮に乗せて流して行きます。しかし、潮が速過ぎてどうにもなりません。10秒ほどで50mほど流れて行きます。暫く我慢して粘りますが、次第に前日の雨の濁りが入って来たため本流狙いは断念。

003.JPG

5番側の潮の緩い所に狙いを変えますが、こちらも全く反応がありません。暇潰しに掛け針を装着してアオリを狙ってみると一発でヒットします。その後もアタリは1回あったのですが、素針を引いてしまいます。再び青物狙いに変更し、潮が緩み出した12時前より本流狙いに切り替えます。すると間も無くして本日最初のアタリ。しかし、一旦魚は掛かったのですが、すぐに軽くなり痛恨のバラシです。仕掛けを回収するとハリスが切られています。犯人はサゴシです。すかさずハリスを8号に変更し再挑戦。12時半、再びアタリが有り、ようやくヒット。サゴシだと思い、強引に引き寄せて来ると釣れたのは40pほどのツバスです。

004.JPG

その後、再びアタリがありましたが、またもサゴシにハリスを切られてそれをを最後にピタリとアタリが無くなります。潮も止まり、14時頃から転流すると今度は当て潮で大苦戦です。ポイントを再び5番向きの潮の緩い所に変更しますが、さっぱりアタリがありません。ここが潮時と判断し、釣座も5番前(ワンド出口付近)に移動して置き竿にして道具の片付けを開始します。片付けをしながら何度かウキを確かめている時、突然その姿が消えます。慌てて竿を持つと大物の手応え。一旦は沖に走った後、一気に際まで戻り、その後はケーソン際を南へ南へと泳いで行きます。私の柔らかい竿、細ラインではなかなか止めることが出来ずに、最後はラインブレイクでバラシてしまいます。まだ、群れは居ると判断し、すぐに仕掛けを作り直し再投入。するとすぐにヒットしますが、今度は針ハズレです。慌てているとロクなことはありません。ダメ元で3度目の挑戦です。すると、目の前に青物のボイルが連発します。するとまたまたヒットです。今度は十分に喰わせ、がっちりフッキング。最後に1尾目とほぼ同サイズのツバスをゲットです。

006.JPG

その後、30分ほど粘りましたが、アタリは無く16時前に終了とします。
この日はアタリは全部で7回ありましたが、素針が1回、針ハズレが1回、ハリス切れが3回と何ともだらしない結果に終わってしまいました。釣った数より、バラシた数が多いのは精神的に堪えますね。

■ 釣果 ■
ツバス 40〜41p 2尾、アオリイカ 17p 1杯
■タックル■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:2.5号→8号
針:チヌ3号 ウキ:1.5号 タナ:1.5〜3.5ヒロ(アオリ 5ヒロ)
■ エサ ■
小アジ、イワシ
posted by tarumit at 12:10| 釣り