2016年10月15日

最後の父親参観日

我が家のチビも今年度で幼稚園を卒園します。今日は年長最後の父親参観に行って来ました。まずは教室で保育風景を見学。その後、園庭に出て竹馬の発表会を観させてもらいました。

017.JPG

8月に始めた竹馬。最初は全く乗れず泣いてばかりでしたが、コツを掴んでからはメキメキと上達。今では色んな「技」をこなすほどに。これまで、当然ではありますが、何一つ私を超えることが出来なかった我が家のチビも、初めて「竹馬」で師弟関係が逆転しました。いずれ、色んなことを学んで、体験して、あらゆる分野で私を超えて欲しいと思いますが、反面寂しい気持ちもあります。これが「親」の宿命なのですね。
posted by tarumit at 19:34| その他

2016年10月14日

大忙し?の飲ませ釣り

昨日はキャンプ仲間でもある、TFCのタクロー夫妻と垂水西へ飲ませ釣りに行って来ました。現地到着は午前8時。5番は既に釣り人でいっぱいなので3番の先端側へ入ります。タクロー夫妻は今回飲ませ釣り初挑戦。タクローさんは青物狙い、奥さんのMIKKOさんはアオリ狙いと言うことで、まずは仕掛け作りのお手伝い。その後、すぐにエサの小アジを確保するためプールへ移動。例の如く玉網で掬い、ものの10分で50匹ほどを確保。これで全て準備完了、午前9時頃より釣り開始です。

016.JPG

私は自分の釣りの前にMIKKOさんにエサの付け方から釣り方までをレクチャー。MIKKOさんの竿を借りてまずは試しに1投。すると、何と仕掛けを入れた途端に一気にウキが消し込むアタリ。しかし、まさかの青物に私も対応しきれず素針を引いてしまい、出鼻をくじかれます。気を取り直して再びレクチャーの続きで第2投。何と何と今回もすぐにアタリです。今回は青物では無く、じわーとウキがシモるアオリ独特のアタリです。じっくり待ってアワセを入れたのですが、ラインが穂先に絡んでいてまたも空振り。ここでレクチャーは終了。イメージは掴んで頂いたので、ここでMIKKOさんにバトンタッチです。やはり使い慣れていない竿ではどうも感覚が鈍くなり上手く行きません(言い訳です)。タクローさんにも簡単に釣り方を説明して、ようやく私も10時前に開始します。

釣り場到着時は穏やかだった潮が東向き激流になっています。水道側は全く釣りが出来ないため、5番向きの潮の緩い所を狙って行きます。仕掛けは青物狙い、タナは3ヒロで流して行きます。たまにアオリのアタリはありますが、青物の反応は全くありません。アオリ狙いのMIKKOさんもアオリのアタリが2回あったとのことですが、いずれも素針とのことです。タクローさんもアオリのアタリのみとのことです。こうなれば、釣れる可能性の低い青物は断念してアオリ狙いにチェンジします。孫針を装着してタナ4.5ヒロでトライです。仕掛け変更して30分、ようやくアオリのアタリを捉え、本日1匹目の獲物をゲットです。

017.JPG

これで一応汚名挽回です。その後も立て続けに1杯を追加した所で、潮が緩んで来たのを機に水道側に移動します。すると、よそ見をしていた時に一気に竿が絞り込まれます。何が起きたのかさっぱり分からず、取りあえずラインを出して、竿を立てると何か大きな魚が掛かっています。待ちに待った青物がアオリ仕掛けに喰い付いた様です。何度かの締め込みに耐え、ようやく水面に浮いて来たのは何とサゴシ。それも60p近い大物です。掛け針が口の外側にぎりぎりで掛かっています。慎重に寄せてタモで掬おうとした瞬間、一旦はタモに収まったのですが、それと同時に掛け針がタモ網に引っ掛かり、針が口からはずれて「サヨウナラ〜」です。何ともどんくさい話です。ただ、サゴシは群れで移動する魚です。1匹居ればまだ周囲に仲間は居ると信じ、隠し切れないショックを闘志に変えて再チャレンジです。しかし、気持ちとは裏腹にサゴシ用に変えた仕掛けにアオリが乗って来ます。掛け針を付けていないので当然釣り上げることは出来ません。その後は長い沈黙が続き、昼食の時間を迎えます。休憩後、再びサゴシを狙うべくハリスを8号に変更します。すると、再び強烈なアタリ。一旦は魚は掛かったのですが、今度はサゴシの歯でラインを切られまたもバラシです。その後、再び「待ち」の時間が続きます。沈黙を破ったのはタクローさん。朝から青物狙いに徹した仕掛けにようやく本命が掛かった様です。かなりの大物らしく、やり取りに時間を掛けます。約10分後、ようやく浮いて来た魚をみてビックリ。初飲ませで初メジロゲットです。

026.JPG

若干の「曲がり」ではありますが、気になるほどではありません。体長66pの立派なメジロです。その後、私も引き続き青物狙いを続けましたが、全く反応が無いため最後に再びアオリ仕掛けに変更します。帰る間際にようやく1杯を追加してこの日の釣りは終了です。

当日は3人でアオリのアタリは10回ほど、青物は5回ありましたが、獲れたのはアオリ3杯、青物1本と言う低打率に終わってしまいました。何度も悔しい思いをさせられた1日でしたが、タクローさんが釣った青物のお陰で最後は気持ちが晴れました。

028.JPG

■ 釣果 ■
アオリイカ 16〜17p 3杯
■タックル■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:3号→8号
針:チヌ3号 ウキ:1.5号 タナ:2〜3ヒロ(アオリ 4.5ヒロ)
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 12:57| 釣り

2016年10月13日

海神社の秋祭り

毎年、10月10、11、12日に行われる地元海神社の秋祭りに今年も行って来ました。11日はちょうど布団太鼓の宮入に遭遇。

006.JPG

私も長年垂水に住んで、ほぼ毎年秋祭りには行ってるんですが、初めて宮入を見物出来ました。なかなか迫力がありましたね。その後はお参りをして、境内をぶらぶら。たくさんの露天が出ているのですが、チビが一目散に向かった所がコレ。

011.JPG

スマートボールです。絶対に元は取れないゲームですが、遊ぶことが目的の子供には損得感情はありません。楽しければそれでいいのです。次は輪投げにチャレンジしますが、これも結果はどうあれ、楽しめたことに満足です。

これで今年の秋祭りも終了と言いたかったのですが、翌12日も行くことに。何せ家から歩いて10分も掛かりませんから、わざわざ感はありません。前日同様、またもスマートボールへ直行。なかなかいい商売です。その後、境内をうろうろしていると後輩D君親子と遭遇。

013.jpg

夏キャンプ以来の再会です。D君ジュニアのK君はサッカー少年。この日もサッカーの練習帰りに参拝に来ていた様です。うちのチビがプロ野球選手になるか、K君かJリーグ選手になるか、それとも2人とも普通のサラリーマンになるか、いずれにせよお互い将来が楽しみです。

次はまたまた輪投げです。昨日もそうでしたが、輪投げには熱が入ります。と言うのも、家にも手作りの輪投げがあり、いつも練習しているので自信がある様なのです。因みにその手作り輪投げがこれです。

055.jpg

「力作」とまでは行きませんが、身近な材料を集めてちゃっちゃと作ったものです。家の輪投げではパーフェクトを出す腕前ですが、やはり露天の輪投げは商売ですから、そう簡単には行きません。2日連続の撃沈でしたが、幾つかおもちゃはゲットして来ました。

014.jpg

これで本当に秋祭りも終わり。次は紅葉でも見に、どこかの山にでも行ってみたいと思います。
posted by tarumit at 00:00| その他