2016年05月18日

垂水西5番(8回目)

大雨から一夜明けた昨日の朝、天気もすっかり回復し、「今日は釣人が多いだろうなぁ〜」とふと西5番方面を双眼鏡で覗くと何と釣人ゼロ。この時期には珍しいことです。「昨日は雨でエサが入っていない上に今日は釣人がゼロであれば爆釣では?」とスケベ心が湧き上がり、気が付けばエサをコネコネ。と言うわけで久々の単独釣行となりました。元々予定していなかったので、スタートは少し遅めの午前9時半です。

001.JPG

角を陣取り第1投。すると、待ってましたと言わんばかりに左右、際、沖から恐ろしい数のオセン、ボラ軍団が集まります。久々に見る光景です。「これならばグレの活性も高いはず」と意気込んだものの、それ以上にオセンの活性が高過ぎです。オセン軍団は際組と沖組に分かれ、特に沖組はなかなか言うことを聞いてくれません。マキエで際に寄せようとしても、一瞬は動くのですが、すぐに沖に向かってしまいます。ここで大きなミスに気が付きます。いつもは大勢で賑わう西エリア。フカセ師のマキエやサビキ師のエサでエサ取りが分散されるのですが、今日は3番、5番とも釣人はゼロ。要するに、この界隈に居るエサ取り軍団を私一人で相手をしなければならない訳です。その意味でこの日準備したマキエでは量が少な過ぎたのです。さあ、どうするべきか、思案を重ねた結果、出て来た答えは「超遠投」。知恵もエサも無い私は困った時はすぐ遠投です。と言う訳で、早速出来る限りの遠投で試してみます。投点は40m以上、そこで粘ること30分、ようやく23pがヒットです。その後も潮が比較的緩い間は遠投で狙い、午前を終了。この時点でキープは10枚ほど。昼食後、30分ほどは全くアタリが無かったのですが、再びその後は連チャンモード突入です。14時頃から当て潮がきつきなり、オセンもあまり沖に出なくなると10〜20m先でようやくグレが湧き出します。タナを矢引きに変更して再び入れ喰い状態。まだまだ釣れる状態ではありましたが、残念ながらエサ切れで15時に終了です。

久々に自分のペースで釣りが出来て、そこそこ結果も出て楽しい1日ではありましたが、終始遠投でかなり疲れました。次回からは出来るだけ単独釣行は避けようと思います。

005.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜31p 27尾 (30pUP 1尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:G8→無し タナ:2〜3ヒロ→矢引き
■ エサ ■
マキエ:集魚剤1/3袋+パン粉3s+ヌカ3s+前回の余りエサ
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 10:23| 釣り