2016年05月01日

垂水西5番(5回目)

GW2日目の昨日は、TFCのウミノリダー君からのお誘いで、垂水西5番へ行って来ました。休日と言うこともあり、釣座確保のため現地には早めの6時前に到着。角にウミノリダー君、2番目に私が入り、午前7時前にスタートします。

002.JPG

やはりこの時期はまだ水温が低く、暫くはオセンも殆ど出て来ません。当然、グレからの反応も全く無く、まったりと時間が過ぎて行きます。太陽が徐々に昇り始め、釣り人も増えてエサが入り出すと、9時頃位からようやくオセン軍団が出現します。すると単純なもので、いとも簡単にグレがヒット。その後も連発とは行きませんが、ぽつりぽつりとグレが掛かります。しかし釣れるサイズはどれも25p以下の小型ばかり。オセンも沖に出る様になったので試しに遠投で型を狙います。これを機にサシエもオキアミにチェンジです。すると暫くして、ウキが勢い良く海面から姿を消します。穂先まで来るアタリを捉え、ようやく30pジャストをゲットです。その後も30.5pを追加して短い時合いは終了です。ここでちょうどお昼を迎えたので昼食タイムに入ります。気が付けば、さすがはGW、ぽかぽか陽気に誘われ釣り場は超満員です。ワンド内もイワシ狙いの家族連れで一杯です。

003.JPG

午後からは再びアオサに戻し、オセンの群れの中を探って行きますが、グレがなかなかサシエを喰い込まず素針連発です。14時頃からは向かい風も強まり、更に風、潮に乗ってガラ藻が接岸して釣りどころでは無くなります。それでもまだまだマキエが余っていたために頑張って粘りましたが、日没も間際に迫り、とうとうギブアップで終了です。

この日は時折グレも1ヒロ近く浮く場面もありましたが、出るタイミングが難しくなかなかチャンスをものにすることが出来ませんでした。また、アオサエサでは珍しいことなのですが、ウキ、穂先、ラインに明確なアタリが出ないうちにエサを取られることが後半何度もありました。つまり、ハゲ等の魚が捕食する様な言わば「居喰い」をしている様で、この様な強風の中でアタリを捉えるには困難を極めました。仕方無いのですが、休日は釣り人が多いため、ポイントがぼやけるだけで無く、過度なエサの供給でグレの摂餌行動が落ちるのも釣果が伸びない原因でしょうね。

■ 釣果 ■
グレ 20〜30.5p 8尾(30pUP 2尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00、M-0U ガン玉:無し→G8 タナ:2〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:集魚剤1/2袋+パン粉3s+ヌカ3s
サシエ;アオサ、オキアミ
posted by tarumit at 09:10| 釣り