2016年03月18日

垂水で初チヌ

昨日はポカポカ陽気に誘われ、久しぶりに釣りに行って来ました。場所は垂水福田川河口、通称東の6番です。垂水では1年ぶりのチヌ狙いです。

DSC_0009.JPG

上流側は数人の投げ釣り師が陣取っています。幸い下流側は空いているので、適当な場所に入り13時30分スタート。

DSC_0008.JPG

まずはタナ4ヒロでテトラ際を流して行きます。開始30分はサシエも取られず生命反応ゼロでしたが、マキエが効き出すと徐々にエサ取りが出始めます。ファーストヒットは冬の定番、ウミタナゴ。

DSC_0013.JPG

これが釣れてから、ウキに何ら反応が出ないうちにサシエが毎回取られる様になります。ここで普段は滅多に使わないネリエ(イエロー)を試してみます。すると、な、な、何と1投目に良型のチヌがヒット。時間は15時ジャストです。気分を良くし、その後もネリエで試して行きますが、たまたまだった様でその後は沈黙です。その後、潮が複雑になった来たのを機に再びオキアミで狙って行きます。するとまたも生命反応ゼロで、サシエはきれいに残って帰って来ます。その後、潮の流れは穏やかになったのですが、今度は河口独特の2枚潮です。表層10〜30pは下流へ、それより深い所は上流へ流れています。ウキが浮いていると仕掛けが馴染まないため、ガン玉G7、G6を追加してウキを沈めてアタリを待ちます。チヌが喰えば、穂先にアタリが出ますが、再びエサ取りが出て来た様で、知らない間にサシエが取られてしまいます。マキエも残り僅かになり、再び一か八かでネリエに変更します。すると、またも1投目で穂先に本命らしきアタリが出ます。型は小さ目ですが、何とか2枚目のチヌをゲットです。ちょうどここで日も暮れ始めていたので17時15分、納竿とします。

今年は例年に比べ水温が高いせいか、意外とエサ取りが多い様です。オキアミでも勿論釣れるとは思いますが、エサ取り対策にネリエやコーン等も持参する方がいいと思います。

DSC_0016.JPG

■ 釣果 ■
チヌ33〜46p2尾
■タックル■
竿:1号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:チヌ3号 ウキ:M-B
ガン玉:B+G8→B+G7+G6 タナ:3.5〜4.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+ヌカ3s
サシエ:オキアミL、ネリエ
posted by tarumit at 14:52| 釣り