2016年01月06日

垂水西5番(1回目)

昨日はようやくチビから解放され、初釣りに行って来ました。例年、初釣りは四国方面に遠征に行っていたのですが、今年は近場で済ませました。今回はTFCのサトシF君を誘っての釣行です。現地到着は6時半。時期的に釣り物が少ない上に平日と言うこともあり、人気の5番は我々2人のみです。早速準備を済ませ、角にサトシF君、私が2番目に入り7時半スタート。まずは軽い仕掛けで竿2〜3本先を2ヒロから探って行きます。オセンの姿は見えませんが、すぐにサシエが取られてしまいます。狙う場所を徐々に沖へ変えて行きますが、サシエが残ることはありません。見えないタナで大量のオセンが居る様です。しかし、時間が経つに連れ、ボラの大群が現れ出すとオセンも徐々に姿を現し、気が付けば海面はオセンだらけになっています。良く見ると沖にも漂っており、これでは遠投してもサシエが通らないはずです。ここで基本に戻り、マキエでオセンを際に釘付にして沖を狙ってみます。すると今度はサシエが残ってしまいます。やはり、オセンを沖に出さなければグレも出ないと判断、オセンをマキエで動かしながらグレからのアタリを待ちます。しかし、これでもグレは喰ってくれません。その後も西5番で考えられる色々なパターンを試してみますがなかなか答えが出ません。やはり時期的に無理かと諦めモードです。グレが居るのか居ないのか、それさえも分からず時間だけが過ぎて行きます。そして最後の手段、ここでは滅多にやらないのですが、オセンの群れの下をダイレクトに狙うやり方です。重い仕掛けに変えて、一気にオセンの層を突破させる方法もあるのですが、個人的に得意と言うか好きな釣り方では無いので、敢えて軽い仕掛けのままで狙って行きます。オセンの群れの下、大体3ヒロ前後の所にオセンに気付かれずにサシエを届けれる様、マキエでコントロールして行きます。するとようやく本命がヒットします。パターンが分かれば、あとは丁寧に狙うだけです。上手くサシエが通れば、必ずと言っていいほどグレがヒットします。午後からも同じパターンで釣れ続いていたのですが、突然の来客で釣りは強制的に中断させられます。

IMG_20160105_23183.jpg

結局、我が家のチビッコギャングが現れたお陰で釣りに集中出来なり、15時過ぎに大量のマキエを残して早めの終了です。

例年であれば時期的にかなり厳しい状況ではあるのですが、今年は水温が高いお陰でまだまだグレの活性は高い様です。とは言えやはり終盤ですので、グレが浮くことも無く、タナも深くなっています。特に今の時期はオセンをどう動かすかで釣果に差が出て来ますので、パターンが分かるまで色々と試してみた方がいいと思います。

IMG_20160105_15132.jpg

■ 釣果 ■
グレ 22〜29p19尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:G8→無 タナ:2.5〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:前回の余りエサ+集魚剤1/2袋+ヌカ2s
サシエ:オキアミS
posted by tarumit at 02:45| 釣り