2015年12月03日

アジュール舞子釣査

昨日は朝まで仕事をして、その後寝ようと思ったのですが、天気予報を見ると絶好の釣り日和。急遽、エサの準備をして釣りに行くことに。しかし、時間的に垂水西5番は場所が取れないため、グーグルマップで行先を検討。そこで以前から気になっていたアジュール舞子、ホテル前へ行先を決定。現地到着は午前8時30分。何処がいいかうろうろしていると、釣り仲間のMさんと遭遇。ここをホームグラウンドにしているMさんにお勧めの場所を教えて頂き、ホテル前南向きに釣座を構え9時過ぎにスタート。

001.JPG

004.JPG

潮はゆっくりと流れており、開始前より際には無数のオセンが待機中です。マキエでオセンを際に釘付し、まずはウキ下2ヒロから全遊動仕掛けで竿2〜3本先を探って行きます。しかし、このパターンではサシエが残って帰って来ます。やはりオセンを動かさないとグレは喰わない様です。そこでいつものパターンでオセンをマキエの縦撒きで沖へ誘導します。するとすぐにグレがヒット。このパターンで4、5枚連発します。しかし、間も無くして潮が走り出します。さすがに明石海峡です。あっと言う間に洗濯機状態です。これでは軽い仕掛けでは全く入らないため、ウキに鉛シールを貼り、ガン玉G8を追加してウキごと沈めて探って行きます。これで何とかグレを単発で追加します。しかし、今度はサヨリの大群が押し寄せ、先週の垂水同様、サシエがサヨリに秒殺です。更にイワシの群れも入り、手の打ち様がありません。ここで一旦釣りをストップ、暫く休憩に入ります。30分も待つとさっきの激流が嘘の様に、今度はピタリと流れが止まってしまいます。イワシの群れは消えましたが、相変わらずサヨリは漂っています。鉛シールを剥がし、針を重いものに交換して再開します。幸いにも私の両サイドは広く空いているので、マキエを潮下に大量に撒いてサヨリを集め、サヨリが居なくなった潮上に仕掛けを投入、仕掛けが立ってからマキエを打ち、30秒ほど経ってから入り過ぎた仕掛けを引き上げ、深い所でマキエと同調させるパターンを繰り返します。これでも、深場に居るサヨリが何度か釣れてしまいますが、グレも単発で喰ってくれます。その後も潮は右へ行ったり、左へ行ったり、当て潮になったり、激流になったりと目まぐるしく変わるため、その度にガン玉を付けたり取ったり、鉛シールを貼ったり剥がしたりと大忙しです。午後は良型が出るとの話を聞いていたので、後半は少し沖向きの更に深場を探って行きます。ちょうど潮も落ち着き、オセンの活性も上がって来ています。オセンをどんどん沖に出し、竿4本先を探っているとようやく穂先にガツンと大きなアタリが出ます。4ヒロほどで喰わしているため、浮かすのに少々手間取りましたが、ようやく念願の30UPゲットです。その後も同じパターンで27p以上を5枚連続ヒット、15時半にエサ切れで納竿です。

アジュール舞子は今回で2回目ですが、とにかく潮の流れが複雑です。今回の釣り時間は6時間ほどでしたが、その間に東西の流れの向きが変わること6回、激流になったり当て潮になったりと潮の流れも一定で無く、そのため釣れるパターンも毎回変わって来ます。更に、オセンだけで無く、サヨリやイワシも多く、臨機応変に仕掛けや攻め方を変えて行かないと数は釣れません。難しい釣り場ではありますが、グレの魚影が濃いだけに、いい練習にはなると思います。

007.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜30p28尾(27p2枚、28p1枚、29p1枚、30p2枚)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:G8 タナ:2〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉2s+ヌカ4s+集魚剤2/3袋
サシエ:オキアミS
posted by tarumit at 08:33| 釣り