2015年12月13日

音楽祭

昨日は幼稚園の音楽祭に行って来ました。

040.JPG

去年は風邪で欠席した音楽祭。今年が初めての参加で気合十分でした。ちょっと前まではヨチヨチ歩きだったチビが、今では楽器をこなすまで成長。まだまだ可愛くってしょうがない今日この頃ですが、そのうち「親父〜金くれや〜」とか言うんでしょうね。時間が止まって欲しいと願うばかりです。
posted by tarumit at 00:00| その他

2015年12月09日

ダイワグレマスターズ伊島予選

8日はマスターズの予選にTFCのまさと徳島の伊島まで行って来ました。参加者は60名。25p以上のグレ5尾までの総重量で上位5名がセミファイナルに進むことが出来ます。今シーズン最後のトーナメントと言うことで、私も気合を入れて大会に臨みます。

001.JPG

私が引いたクジ番は55番、真光渡船で本島南部へ向かいます。上がった磯は「鯛バエ」。過去に2回上がったことのある磯で、ある程度ポイントは知っています。ただ、この磯は東向きがかなり深く、最大で18m近くあります。磯名にもある様に鯛が良く釣れる磯です。グレは浮くことは無く、かなり深いタナでしか喰って来ません。数はそんなに釣れませんが、釣れれば型が揃います。

008.JPG

釣座選択権のある相手選手が西側を選択したため、まずは水深のある東向きからスタートです。仕掛けはウキ00にG7のガン玉を打ち、針は重めの6号をチョイス。左から流れ出るサラシと右から沖へ流れる潮がぶつかる所にヨレが出来ます。そこがポイントとなりますが、ここはセオリー通りまずは磯際を探って行きます。しかし、数十匹は居るウマヅラにすぐにサシエを取られてしまいます。際狙いは30分ほどで断念、本来のポイントに的を絞ります。左側際に仕掛けを入れ、竿2本先ほど流れてから際にマキエを投入、仕掛けがヨレまで流れた時に少しラインを張り気味にして、4〜6ヒロの所でマキエと同調する感じでアタリを待ちます。開始1時間は2回に1回、サシエが取られますが、穂先にはアタリが出ません。やはりウマヅラが際から竿2本先位まで漂っており、仕掛けが上手く沖にまで出ない時にサシエを喰ってしまいます。サラシの強弱、仕掛けを入れるタイミングで、随分と流れ出る方向が変わって行くので、かなり神経を使います。最初のアタリは開始1時間10分後。タナ約6ヒロでイサギがヒットします。

003.JPG

続いてその10分後、再びイサギがヒットです。仕掛けが入り過ぎるとどうしてもイサギが釣れてしまうため、ガン玉をG7からG8へ、針を6号から軽めの5号に変更し、仕掛けの張り具合を調整しながら5ヒロ前後までを探って行きます。しかし、これでは全くアタリが出ません。風も次第に強くなり、サラシもきつくなったため、再び元の仕掛けに戻して、更にウキに鉛シールを貼り、今度は逆に5ヒロ以下の深い所を探って行きます。そして釣座交代間際、久々に目の覚める様なアタリ。かなり深い所で掛けたため、その重量も相まってなかなか浮かすことが出来ません。根に入りそうになるのを必死で耐え、ようやく浮いて来た魚を見てガッカリ。釣れたのは50pほどのハマチ。お土産には持って来いの魚ですが、トーナメントではNGです。ここで第1ラウンドの3時間が終了、今度は西向きへ移動です。

009.JPG

ここはポイントが二つあります。一つ目は南側の低場の磯際、もう一つは高場から西向きの沖です。低場は両潮でも狙えるのですが、高場は潮が沖に出て行かないとグレが喰いません。交代直後は潮が当て気味だったので、低場からスタートします。ここも水深があるため、タナ5ヒロ前後を探って行きます。すると開始間も無くしていきなりのヒット。しかし、竿の叩き方がグレと全く違います。やはり予想通り釣れたのは厄介なコイツ。

005.JPG

即リリースして再び同じ所を探って行きます。しかし、やはりこちらも際にはウマヅラが漂い始め、サシエを取って行きます。ベタ際狙いを諦め、竿1〜2本先を探って行きますが今度はサシエが毎回残ってしまいます。ここで針を4号に変更、鉛シールも剥がしじっくりと探って行きます。しかし、これでもサシエは一向に取られません。再び際狙いに戻しますが、僅か30分ほどの間にウマヅラも消え、やはりサシエは残りっぱなしです。マキエを撒いて暫く海を観察してみてもオセンはおろかフグもベラも何も見えません。ただ、海藻が揺れているでけです。それでも続けて30分ほど粘りますが、全く生命反応が無いためダメ元で高場へ移動します。こちらは今までの釣座と比べると若干浅めなので4ヒロ位までを探って行きます。しかし、ここも沖、際ともに生命反応ゼロです。残り1時間となり最後のあがきで再び低場へ移動。相手選手が早めに竿を畳んだので、境界を越えて磯際を流して行きますがそれでもサシエは残ります。ラストぎりぎりまで粘るのが私の信条ですが、さすがにこの日はギブアップ。20分を残し、私も終了します。船が来るまで後片付けをしながら釣ったイサギとハマチをしめていると、ここで磯際を船が通過。すると大波が押し寄せ、下半身がズブ濡れに。まさかと思った瞬間、時既に遅くハマチの姿が見当たりません。幸いにもイサギと道具が無事だったのですが、ハマチは海にお帰りになりました。グレはボウズ、大好物のハマチはロストと散々です。

さて、結果の方ですが、私は言うまでも無く撃沈。まさは良型を1枚仕留めましたが、予選通過ならず。最後の抽選会でも2人とも何も当たらずで、いいこと無しのラストトーナメントでした。

013.jpg

釣り仲間のHさんが、「西長のオチ」で5枚を揃え、見事3位で予選通過となりました。おめでとうございま〜す。

012.JPG

■ 釣果 ■
イサギ 30〜35p2尾 アイゴ35p1尾 ハマチ50p1尾
■タックル■
竿:1.2号5m 道糸:1.8号 ハリス:1.5号 針:グレ6号→5号→4号
ウキ:M-00 ガン玉:G7→G8→G7→G8 タナ:3〜6ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ4.5s+パン粉1s+ヌカ5s+集魚剤1.5袋
サシエ:オキアミM、L
posted by tarumit at 00:36| 釣り

2015年12月07日

垂水西5番(15回目)

土曜は丸1日チビの相手をさせられたので、日曜は自由時間を頂きました。と言うことでホームグラウンドの垂水西5番へ釣行です。今回はTFCのまさが同行です。現地到着は午前6時、明るくなるのを待って7時より実釣開始。

a.JPG

朝一はオセン軍団はまだ寝ているのか、全く姿を現しません。と言うことで竿1〜2本先を全遊動仕掛けで探って行きます。開始10分、早速20pクラスのグレがヒット。その後もコンスタントにグレはヒットします。しかし、マキエが効き出すとオセンも目覚め、四方八方から集まり出し、竿1〜2本先ではサシエが残らなくなります。徐々に投点を沖に移し、オセンが出ない距離を探って行きます。すると久々の大物がヒットです。「これは間違いなく30UP」と期待したのですが、タモに収まったのは嬉しい外道です。

b.JPG

その後もオセンがどんどん沖に出る様になったので、久々に遠投で狙って行きます。海面が日の光で反射して全く見えないため、ウキに鉛シールを貼り、ガン玉G8を追加、ついでに針も少し重めの物に変更してウキごと沈め、アタリは穂先で取る様にします。投点40mラインでもたまにオセンが喰って来ますが、うまくサシエが通ると高確率でグレはヒットします。午前中はこのパターンを続け、計20尾ほどゲットして昼食タイム。午後からはやはり今回もサヨリの大群が押し寄せ、遠投狙いはかえって逆効果。とは言えオセンも沖に出るため、かなり難しい状況になります。更にイワシの大群も現れ、海面にはオセン、ボラ、サヨリ、イワシで仕掛けを入れる隙間が全くありません。ここから一気にペースダウン。休憩しては再開を繰り返しますが、なかなか釣果には繋がりません。途中、暇潰しにまさとこの大量に居るイワシを掬おうとマキエを撒いてタモで待ち伏せします。すると入るわ入るわで結果がコレ。

d.JPG

結局、数回チャレンジして計550匹ほどゲット。二人で分けて私は300匹ほど持ち帰ります。さて、グレ狙いの方はイワシ掬いに夢中になり、エサ切れまでの消化試合の様相に。納竿間際にようやくグレが浮く様になり、タナを矢引きに変更。しかし、イワシ、オセン、サヨリの勢いが更に強まる中、数打ちゃ当たる的なやり方で何とか数枚をゲットし、ようやくエサ切れで15時半に終了です。

前々回の垂水埠頭テトラ、前回のアジュール舞子同様、今回もサヨリが回り出すとグレはさっぱり釣れなくなります。また、今年はイワシ(カタクチ)が異常に多く、かなり厄介です。潮が走れば群れも消えるのですが、西5番の様に潮が緩い場所では一旦群れが入ると、なかなか消えることはありません。波止ではあまりしないのですが、軽い仕掛けで探って行くのでは無く、重い仕掛けで一気に深いタナまで落として、底付近のグレを狙う方法も一つの手かもしれません。

この日は珍しいものを見たので写真を撮りました。

c.jpg

沖合200〜300m付近でマグロの群れがジャンプしていました。数年前から明石海峡付近でマグロが回遊していると言う噂を聞いたことがあったのですが、見たのは今回が初めてです。時刻は午前10時頃で、数十匹が約15分間ほどの間に何度もジャンプしていました。サヨリかイワシを追いかけていたのかもしれません。結構、迫力ありましたよ。

e.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜28p27尾 ウマヅラ35p1尾 サヨリ25〜31p2尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00、M-0 タナ:2.5〜4ヒロ→矢引き
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉1s+ヌカ4s+集魚剤1袋
サシエ:オキアミS
posted by tarumit at 09:22| 釣り