2015年11月08日

ドタバタの淡路釣行

昨日はTFCのまさ、3104k君と久々に淡路へグレ狙いに行って来ました。午前5時に垂水を出発。何処へ行くか思案しながら淡路鳴門道を南下。とりあえず淡路ICで降り、一般道を走ります。道中、相談の結果仁頃へ行先を決定。走ること1時間、ようやく仁頃へ到着。しかし、港へ続くメインの道が通行止めになっています。迂回路の案内も無いため周囲を探すと、小さな村道を発見。幅2m前後の道を強引に進みますが、途中のカープで曲がれず断念。何とかUターンが出来る場所まで進み再び来た道を戻ります。止む無く仁頃を諦め、今度は土生を目指します。しかし、土生も南側波止の駐車場は満車で断念。再び北上し、ダメ元で黒岩へ。すると、珍しく黒岩は釣人ゼロ、他に行く所も無いためここに決定です。

001.JPG

すぐに準備を整え8時過ぎにようやくスタート。実に出発してから3時間も経過しています。先端に2人が入り、私は波止の根本近くのテトラ帯を狙います。テトラ際はフグだらけでサシエが秒殺です。テトラから離すとベラの猛攻です。しかも全てが小さい。

002.JPG

前回来た時はアジだらけだったのですが、今回は全く姿はありません。その代わり、写真のサイズのベラが湧いています。投点を徐々に沖へ変えながら粘ること30分、ようやく30p強のチヌがヒット。しかし、ここではチヌ1尾のみで波止先端へ移動します。前回は唯一グレが釣れた場所ですが、この日はオセンさえも居ません。やはりここも海を支配しているのはベラ軍団です。ただ、沖ではサシエが通るので、竿3〜4本先を探って行きます。開始30分、ようやく目が覚めるアタリ。重量感からして、間違い無くグレではありません。慎重に寄せてタモに収まったのは良型のチヌ。その後、3104k君にも良型のチヌがヒットしますが、一向にグレの気配は感じません。マキエを多めに広範囲に撒いて様子を伺いますが、やはりオセンさえも1匹も出て来ません。ここでは無理と判断、12時前に終了し古茂江に場所移動です。

003.JPG

過去に何度か来ている古茂江ですが、これまでケーソンでいい結果を出せていないので、今回はテトラ帯に入ります。

005.JPG

13時スタート。ここでは開始早々からオセンが出て来ましたが、あまり元気がありません。沖にはあまり出ず、竿3本以上先を狙うとサシエが残っています。オセンの群れの先端を狙ってもグレは出て来ません。オセンの群れの中ではベラやフグばかりです。何処をどう狙えばいいのか分からずに時間は刻々と過ぎて行きます。14時前にようやく微妙なアタリをアワせ、大きなウマヅラがヒットしますが、残念ながら針ハズレ。その10分後、今度は20pほどの小チヌがヒットします。その後ようやくグレが釣れましたが手の平級の木っ葉です。ようやく活性が上がって来たと気合を入れて臨みましたが、外道ばかりがヒットします。結局、16時頃まで粘りましたが、グレは1尾のみの超貧果で終了です。結局、この日は3人でチヌは6枚釣れたのですが、グレは2枚とこの時期にしてはあり得ない結果となりました。あちこち移動した割には、結果が出ず、ただただ疲れだけが残った釣行となりました。

006.JPG

■ 釣果 ■
グレ 21p1尾 チヌ20〜44p4尾
■タックル(フカセ)
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:M-00 タナ:1ヒロ〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+パン粉1s+ヌカ4s+集魚剤1袋
サシエ:オキアミS
posted by tarumit at 10:46| 釣り