2015年10月08日

垂水東でグレ狙い

昨日は単独で垂水東、埠頭テトラでグレを狙いに行きました。現地到着は午前8時半。ちょうど中央付近にフカセ師が既に竿を出していたので、その20mほど西に釣座を構え、9時ちょうどにスタート。

008.JPG

この日は長潮と言うことで潮は止まったまま。ここでは珍しく池状態です。そのため、開始早々から海面はオセンで埋め尽くされています。マキエで左右にオセンを動かして観察していると、間も無くしてその群れの先端にグレが現れます。これを狙うべくウキ下を矢引きにセット。しかし、オセンが思い通りに動いてくれず、グレは見えているものの、序盤から苦戦が続きます。私を中心に左側には左に居る釣り人のマキエに群がるオセンの集団が行ったり来たりします。正面から右側にはまとまりが無く、フラフラした集団が広範囲に広がっています。ここで、試しに左側、右側にオセンの集団を集め、釣座前を空白にしてみます。完全に左右に分かれたのを見計らって、釣座前に縦撒きを入れると一気に両サイドからオセンが集まって来ます。するとテトラの間からも左右からも無数のグレが中央に集まって釣座前はグレだらけになります。こうなれば入れ喰い状態間違い無し。1時間ほどで20p以下も含め20枚ほどを釣り上げましたが、悲しいかなサイズは小型ばかり。サイズアップを図るべく、沖へ沖へとポイントを変えて行きますが、竿2本先以上にはグレは出てくれません。今度はタナを深くしてオセンの下を狙ってみたのですが、釣れるのは小アジばかり。気が付けば、いつの間にか、オセンに加え、日中では珍しく小アジの集団も襲来。矢引きでも小アジに秒殺です。11時頃になるとグレの姿は消え、海面にはオセン、小アジ、ボラ以外は見当たりません。これ以上は無理と判断し、グレ狙いはここで終了。アオリ用にフカセで小アジを5匹釣って12時に第1ラウンド終了です。

昼食を摂って、13時より小アジをエサにアオリを狙います。しかし、この頃からようやく潮が動き出し、フカセならいいのですが、アオリ狙いには厄介な流れです。ところが、いとも簡単にアオリがヒットします。

007.JPG

しかし、良かったのは最初だけ。その後、暫く粘りましたが、潮が速過ぎて四苦八苦。潮が落ち着く気配も無いため15時半に納竿です。

垂水東のグレは魚影は濃いのですが、今の所沖には出てくれません。30pクラスも潜むエリアだけに、沖でも狙える時期になれば、楽しめそうなエリアです。

005.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜24p11尾 アオリ18p1杯
■タックル(フカセ)■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 タナ:矢引き〜2ヒロ
■ タックル(飲ませ)■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:2号 タナ:3〜4.5ヒロ
■ エサ ■
サシエ:オキアミS
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉3kg+ヌカ5kg+集魚剤0.5袋
posted by tarumit at 09:24| 釣り