2015年10月01日

垂水東でなぜかフカセ

昨日はTFCのウミノリダー君の誘いで垂水東に釣行。ウミノリダー君はフカセでグレを、私は午後から用事があるため段取りの楽な飲ませで青物を狙います。先に到着した私はまずはエサとなる小アジをサビキで20匹ほど確保。6時頃、ウミノリダー君はテトラ側で、私はテトラの切れ目をケーソン側から釣り開始です。潮は開始早々からに西に流れる嫌なパターン。徐々に潮の流れも速くなり30分でギブアップ。例の如く、掛け針をセットし流れの緩い際近くでアオリ狙いに変更します。しかし、この日はアオリもさっぱり。兎に角この釣りはエサが小アジだけに「エサ取り」の心配がいらないため、アタリが無ければ超退屈です。暇潰しに何度かウミノリダー君の様子を伺っていると、ようやくグレが見え出したとのこと。こうなれば潮が緩むまでの退屈しのぎにグレを狙うことに。しかし、この日はフカセ用のロッド、リールを持って来ていないため、飲ませのタックルで、ウキ、ハリス、針のみを変更して狙います。勿論、マキエも無いため彼のエサと勺も拝借。すると1投目から25pクラスがヒット。その後も単発で3枚追加します。あまり長居をすると彼の釣りを邪魔してしまうので小1時間ほどで終了。再びアオリ狙いに仕掛けを変更し、緩くなった沖に狙います。しかし、やはりアオリからの反応はありません。その間、ウミノリダー君は豪快に竿を曲げています。

1443652985887.jpg

これは残念ながらボラ。彼はこの日もボラに手を焼いている様です。私も暫く粘りましたが、タイムリミットとなる10時45分になったため終了。結局、青物、アオリ狙いはアタリゼロと言う散々な結果に。後片付けをして、暫くウミノリダー君と話をしてそろそろ帰ろうかと思った時、目の前で青物のナブラが発生。絶好の時合いを逃してしまいました。悔しい〜!

■ 釣果 ■
グレ 22〜26p4尾
■ タックル (飲ませ)■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:2号 タナ:2〜4.5ヒロ
■タックル(フカセ)
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 タナ:矢引き
■ エサ ■
小アジ、オキアミ
posted by tarumit at 09:44| 釣り