2015年09月17日

垂水西5番(8回目)

先日の鬼掛の大会で、選手の皆さんから大量のマキエを頂いたので、ウミノリダー君を誘って西5番へ行って来ました。現地到着は午前6時、フカセをする前に恒例のエギングでアオリを狙います。1投目から10pチョイのアオリが乗って来ますがその後はさっぱり。1時間半ほど粘りましたが、結局釣れたのは最初の1杯のみ。すぐにフカセの準備を整え8時にスタート。

DSC00051.JPG

この日は角にウミノリダー君、2番目に私が入ります。まずはマキエを打って海の様子を伺いますが、オセンが全く居ません。暫くすると小さな群れが現れますが、すぐに消えてしまいます。青物への警戒か、大雨後の水潮の影響かは分かりませんが、兎に角オセンの動きが悪いです。この状態では西5のグレは釣れません。何とかオセンの活性を上げるため広範囲にマキエを打ち続けます。10時頃から幾分潮が東へ流れ始めると、ようやくオセンも沖に出始めます。すると、その群れの先端にグレが現れ始めます。こうなるとしめたもの、ウキ下を矢引に変更し狙い打ちです。型は小さいですが、何とか5枚をキープ。その後潮が変わるとグレは消えてしまいます。オセンは徐々に活気付き、どんどん沖に出る様になりますが、その先にはグレの姿はありません。今度はオセンを際に釘付けし、沖20m付近の中層狙いに変更します。ボラの群れの下を狙う戦法です。すると2ヒロ半くらいで良型がヒット。久々の25p超えです。その後も3枚追加、どれも25pUPです。しかし、このパターンも長続きせず、潮が変わると沈黙の時間が続きます。結局15時まで粘りましたが2枚を追加するのがやっと。
この日は潮が複雑に変わり、その都度釣れるパターンが変わり忙しい1日でした。相対的に東へ流れる潮の時に良く釣れました。

フカセ終了後は朝一調子の悪かったエギングを再挑戦。16時頃までは全く反応が無かったのですが、以降は徐々に活性が上がり4杯を追加。夕食に間に合わせなければならないため、17時半に終了しました。

DSC00053.JPG

■ 釣果 ■
グレ20〜28p 11尾 アオリ8〜11p 5杯
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:M00 
ガン玉:無→G7 タナ:矢引き〜3ヒロ
■ エサ ■
サシエ:オキアミS
マキエ:前回の余りエサ+パン粉1kg+ヌカ2kg
posted by tarumit at 08:43| 釣り