2015年08月03日

垂水東で我慢大会

昨日は先週に引き続き、TFCのまさと垂水・大波止に行って来ました。勿論、今回のターゲットは青物です。まずは西波止船着き場でエサとなる豆アジを狙います。

DSC00137.JPG

1時間ほど粘って、何とか20匹ほどを確保。先週と比べると若干大きくなっています。その後、大波止へ移動し午前5時20分から飲ませ釣り開始です。既にこの時点で汗だく状態。どこまで耐えられるかが心配です。

DSC00140.JPG

潮はゆっくりと東へ流れる絶好の状態。しかし、前回同様浮遊ゴミが漂い思う様に釣りが出来ません。30分ほど我慢しながら続けていると、ようやく潮の流れが変わり、浮遊ゴミが消えます。すると、この日最初で最後のアタリ。フッキングも成功し、慎重に寄せて行きます。重量感はあるのですが、青物独特の強烈な走りはありません。「やはりスズキか」と思い、寄せて来ると何と青物の姿が見えます。開始早々の本命ゲットで気分も上々、と言いたいところだったのですが、タモに収まったその姿を見てガッカリ。奇形魚、いわゆる「曲がり」です。垂水には青物の養殖イケスがあり、出荷の際に奇形魚は海に放流します。特に大波止周辺はイケスがすぐ横にある関係で、この「曲がり」が多いのです。食べれないことも無いのですが、見るからに気の毒でその気になれません。残念ながらこの魚はすぐにリリースです。気を取り直し再開しますが、今度は潮が西へ走り出し中断です。退屈しのぎでサビキでおかず様の豆アジを狙います。暑さもピークに達し、体力、気力ともに限界が近づいて来ます。何とか11時の潮変わりまで待ちましたが、釣れる気配も無いためお昼前に終了です。

やはり釣れる時間帯は早朝です。この時合いを逃すと釣れる可能性が極めて低くなります。特に今の時期は粘っても暑いだけで時間の無駄です。まあ、それでもこの日は豆アジを40匹ほど確保出来たお陰で、夕食では美味しい南蛮漬けを頂くことが出来ました。今はアジ狙いに特化した方が賢いかもしれませんね。

DSC00139.JPG

■ 釣果 ■
メジロ(曲がり) 61p1尾
■ タックル ■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:3号 針:チヌ3号 ウキ:1号
タナ:2.5〜3ヒロ
■ エサ ■
豆アジ
posted by tarumit at 11:27| 釣り