2015年08月19日

キャンプの後片付け

昨日は丸1日キャンプの後片付けをしました。私は溜まっていた仕事もしなければならず、フル回転の1日でした。毎年そうですが、キャンプから帰って来て大変なのが2つあります。まずは気温。向こうでは最低で14〜16℃、最高でも23℃は超えません。それが神戸に帰って来ていきなり30℃超えですから体が言うことを聞いてくれません。2つ目は洗濯と乾燥。8日分、3人の洗濯物は凄い量です。嫁さんが殆どしてくれるので助かりますが、私は濡れたテントやシュラフを乾かさなければならないので大変です。ただ今年はテント干しは無し。10年以上も使用し、寿命をとっくに過ぎたテントで、そろそろ買い替えを検討していた所、キャンプ仲間のSさんがスノーピークの6人用を譲ってくれるとのこと。と言うことで今回で今のテントとはお別れとなったわけです。更に昨日Sさんからメールがあり、シュラフも頂くことに。今使っている私のシュラフは学生時代に買ったモンベル製。実に今年で32年目になりますが、まだまだ使えるためにチビ用に頂きました。これで、また今年の秋にキャンプに行けそうです。
posted by tarumit at 00:54| キャンプ

2015年08月17日

夏キャンプ8日目

いよいよ今日が最終日です。予定では早朝より蓼科山に登る予定だったのですが、残念ながら雨で断念。やはり小さな子供がいると無理は出来ません。と言うわけで今日は全く予定がなくなりました。

e001.jpg

テントも張っていないため自炊も出来ず、朝食はコンビニで簡単に済ませ山を下りることにします。とりあえずまだ訪れたことの無い諏訪湖へ向かいます。諏訪湖周辺には幾つかの温泉地があるのですが、それ以外はこれと言った観光施設や名勝地はありません。何か暇が潰せる所が無いか周囲を車で回っていると、いいものを発見しました。それが岡谷温泉の足湯です。

e002.jpg

源泉で温度もほど良く、そこそこまったり出来ました。その後はまだまだ時間があるため、高速道路は使わずに国道19号線で名古屋方面を目指します。この国道はいわゆる中山道で途中には幾つもの宿場町があります。有名なのが奈良井宿、妻籠宿、馬篭宿等々があるのですが、まだ行ったことの無い奈良井宿に立ち寄ってみます。

e003.jpg

高山の古い町並みに似た雰囲気ですが、閉まっているお店も多く、さほど賑わいはありませんでした。それでも、昔ながらの町並みは情緒満点です。その後はやたらとある道の駅で手当たり次第に停車。ようやく日も暮れ、瑞浪ICから高速に乗りようやく帰宅となりました。

これで今年の夏キャンプは終了しました。キャンプ生活は不便な所もあり、また自然相手ですから思う様に出来ないことも多々あります。チビも遊び盛りですが、そんな状況の中でも自分なりに考えて行動出来る様になり、親の私としてもその成長ぶりに驚きを隠せません。とにかく今は「生きる力」を養い、忍耐強い子に育って欲しいと願うばかりです。
posted by tarumit at 00:00| キャンプ

2015年08月16日

夏キャンプ7日目

7日目の朝です。霧ヶ峰キャンプ場も標高が高いため、朝はフリースが無いと居れません。因みに気温は15.5℃。

d001.jpg

本来、今日は蓼科山に登る予定だったのですが、昨日の山登りで疲れたため断念。丸1日観光に当てました。朝10時にテントを撤収、最初に向かったのは「白樺湖」です。

d002.jpg

ここには遊園地、プール、ボート、温泉他、丸1日遊べる一大リゾート地になっています。勿論、節約家の我々は入場料の要る所は全てパスです。「遊びた〜い!、乗り物に乗りた〜い!」と泣き叫ぶチビには「今回は自然の中で遊ぶ」と言うことを言い聞かせ、何とかソフトクリームをエサに諦めさせました。ここでは適当に散歩をして次は「女神湖」に移動です。昼食は自炊したかったのですが、面倒くさくなったので湖畔のレストランで済ませます。

d003.jpg

今回、チビには色々と我慢をさせて来たのですが、それなりに耐えて来たご褒美に、大好きなゴーカートだけ乗せてあげました。

d004.jpg

その後、蓼科牧場へ移動、ここでゴンドラに乗って空中散歩。殆どの観光客がゴンドラで往復する所を、またも我が家だけは帰りは徒歩で下山です。意外と急坂で、今回歩いた中では一番きつかったです。再びゴンドラ乗り場に戻り、今度はまたまた広場で野球です。

d005.jpg

この一帯は冬はスキー場であるため、雪の無い夏は広大な草原が広がります。このロケーションにチビも大興奮でバットを振りまくってました。奥に見えるのが、今日登るはずだった「蓼科山」です。
夜は再び白樺湖に戻り車中泊です。

d006.jpg

夏キャンプ最後の夜です。
posted by tarumit at 00:00| キャンプ