2015年06月14日

垂水西5番(6回目)

昨日は久々に西5番へ行って来ました。今回はTFCのウミノリダー君、サトシF君との釣行です。土曜、晴天と言うこともあり、場所取りのため現地到着は午前5時30分。既に常連さんが来られていたので、2番目にウミノリダー君、3番目に私、4番目にサトシF君が入り6時半スタート。

003.JPG

潮の流れも穏やかで風も無く釣り易いのですが、雨後の濁りが少し気になります。早朝からオセンの動きが活発なため、遠投で沖を探って行きますが毎回サシエが残ってしまいます。やはり朝一はグレの活性もイマイチなので、オセンの群れから完全に離すと喰ってくれません。微妙な距離を計りながら続けること1時間、ようやく23pがヒット。しかし、グレは浮いているわけでも無く連発とは行きません。またこの日は西5番側にフカセ師が5人、3番側にフカセ師が2人、ヌカ切り師が1人、更にその周りにも飛ばしサビキをする釣り人が数名居ます。そのためオセンの分離も徐々に困難になり、沖でも漂い始めます。なかなかペースが掴めないまま、時間だけが過ぎて行きます。この日はワンド内にイワシの群れが入り、あちらこちらでサビキが鈴鳴りになっています。退屈しのぎでサトシF君と共にフカセでイワシを狙います。

002.JPG

いとも簡単にいい型のカタクチがヒットです。勿論、イワシがターゲットではありません。すぐさま太仕掛けに変更し、イワシをエサにスズキを狙います。しかし、ワンド内、5番側共に反応は無く、僅か30分ほどで終了、再びグレ狙いを再開します。潮も動き出し、雰囲気は良くなっています。潮のヨレを見つけてグレを浮かせて釣るパターンを試します。オセンとボラは分離するのでは無く、オセンを動かしてグレを浮かせるわけですが、狙うポイントにボラも集めなければいけません。ちょっとややこしい釣り方なのですが、単独では浮かないグレを浮かす西5番のパターンです。これで何とか数枚をキープしお昼を迎えます。ここで角に入った常連さんとウミノリダー君が終了、暫くしてサトシF君も帰るとのことで、13時頃からは私一人になります。ここで角に釣座移動して再開しますが全くグレの反応がありません。空いた場所に新たにフカセ師が2人入りましたが、私と同じ様にオセン地獄に陥っています。遠投するとオセンはある程度かわせるのですが、小型のツバスやイワシ、小サバ、サヨリと違うエサ取りが待ち構えています。更に14時を過ぎた頃からまたしても強烈な当て潮に変わり、オセンの分離が全く出来なくなります。このまま続けても埒が明かないため、残ったマキエの処分のためにハイペースで撒いて15時前に納竿とします。

この日はたまたま29pと言う良型が釣れましたが、見えているグレは小型ばかりです。オセンの数に対してグレの数も少な過ぎます。更に、グレの活性も低く、何かきっかけを与えないと単独では出てくれません。潮次第だとは思いますが、今後オセン以外のエサ取りも増えてくるため、益々難しくなりそうな感じです。

005.JPG

■ 釣果 ■
グレ21〜29p 7尾 ツバス24p 1尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:M00 
ガン玉:無→G7 タナ:矢引き〜3ヒロ
■ エサ ■
サシエ:オキアミS マキエ:前回の余りエサ+パン粉4kg+ヌカ4kg
posted by tarumit at 10:49| 釣り