2015年06月08日

M1カップグレin音海

7日、TFCのまさと参加して来ました。参加者は100名、23p以上のグレ9枚までの総重量を競います。前半組、後半組上位1名の計2名がファイナルに進むことができます。

025.JPG

私は抽選で96番、ウミックさんの2番船で音海東磯へ行くはずが、ウネリが残っているため急遽エリア変更となります。北向き及び北東部の一部は使用出来ないとのことで、我々20人が乗った船が向かったのはここです。

030.JPG

何と湾奥の一文字です。誰もが知る、若狭一釣れないと言っても過言では無い波止です。これも抽選で決まったことですから仕方無いのですが、この波止だけは使わないで欲しかったと心の底から感じます。それは私だけで無く、この波止に上がった20人が全員思っているはずです。とは言え、昼まで時間を潰さなければならないので「仕方無く」準備に取り掛かります。この波止でグレが釣れる可能性があるのは潮通しのある両サイド、特に西側なら釣れる可能性があるとのことで、そこに選手達が集中します。私は既に諦めモードのため、船着き(波止のちょうど中央)に釣座を構え7時にスタートします。

028.JPG

開始早々から小アジの大群に翻弄され、更にやる気が出ません。一応ダメ元とは思いながらも仕掛け、ポイント、サシエを色々と変えて見ますが、やはり釣れるのは小アジのみです。念のためムキエビやアオサも持参して来たので試しますが、底まで探っても全く反応がありません。小グレはおろかオセンも1匹も居ません。どんなに小アジを避ける釣りを試しても、グレが居ないため意味がありません。9時頃位まで頑張りましたが、結果が出ないためとうとうギブアップです。その後は波止をうろうろしたり、仮眠を取ったり、食事をしたりと何とか時間を潰して行きます。それでも退屈なのでたまに釣りを再開しますが、やっぱりダメです。もう限界を感じ、マキエも2/3を残し競技終了1時間前に納竿とします。結局、この波止ではやはり両サイドで数枚のグレの釣果がありましたが、同組に約30名の選手が磯に上がっているため、勝負になりませんでした。

この日は磯でも場所により小アジが回り苦戦していました。グレは釣れても型が小さく、規定寸法以上を9枚揃えている選手は殆ど居ませんでした。こんなに面白くない釣りをしたのは久々でしたが、お陰で色んな選手との交流も出来、「親睦」と言う意味では参加した甲斐があったのかな?と無理矢理自分に言い聞かせました。

■ 釣果 ■
小アジ多数
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3〜5号 ウキ:M00
ガン玉:無、G7 タナ:2〜5ヒロ
■ エサ ■
サシエ:オキアミM、ボイルL、ネリエ、ムキエビ、アオサ
マキエ:オキアミ3kg+パン粉5kg+ヌカ4kg+アミノ酸
posted by tarumit at 00:00| 釣り