2015年05月22日

垂水東エリア釣査

ホームグラウンドの西5番もシーズンになると場所取りが大変なため、今回は新たなポイントを求め、東エリアに行って来ました。今回竿を出したのは大波止の先端、15年ほど前に良く通った場所です。到着は午前9時半、10時より開始します。

017.JPG

しかし、この日は南西の風が強く、しかも冷たい。薄着の私には耐えられないほどの寒さです。折角、重い荷物を持って来たのですから、何とか状況だけでも確認したく粘りますが、グレの反応が無いまま1時間ちょっとでギブアップです。因みにオセンは結構群れていましたので、粘れば釣れそうな雰囲気です。ただ、船の往来が激しいため、遠投は出来ません。また、潮が走るとかなり釣り辛いです。

一旦昼前に撤収して帰宅。昼食を摂って、上着を1枚羽織って再出発します。今度は福田川の河口へ向かいます。竿を出す前に状況をチェックします。マキエを撒くと暫くして大量のオセンが出現です。良く見るとオセンの下に20p前後のグレも見えます。これなら釣れると判断、すぐに仕掛けをセットし12時半開始です。

019.JPG

オセンを左右に動かしながら、グレの動きを確認します。グレはオセンの後を追う様に動くだけで、なかなか先頭に出て来ません。また、オセンを完全に分離するとグレは単独では出て来ません。練習するには持って来いの状況です。しかもフカセ師は私のみ。マキエの打つ場所、タイミングを計りながら丁寧な釣りを心掛けて行きます。すると、ようやくグレのやる気スイッチがONに。なかなか単独では浮きませんが、ようやくオセンの先に出る様になります。開始30分、タナ1ヒロで24pがヒット。その後も何度と無くグレは出るのですが、サシエをなかなか喰い込みません。マーカーの微妙な動きで掛け合わせて行きますが、掛かりが浅いためか針ハズレ連発です。また、足元の海草に絡んで、魚を逃がすこともしばしば。後半はオセンが猛威を振るい出し、何処を狙ってもサシエは秒殺です。グレも前半に比べると勢いが低下、チラホラ見えるだけで喰い気はありません。結局、16時頃まで粘りましたがラストの1時間はノーフィッシュで終了です。

久々の東6番での釣行でしたが、いい練習になりました。次回はオセン用にもっと多めのマキエを持参し、朝から狙ってみたいと思います。

022.JPG

■ 釣果 ■
グレ22〜29p 7枚
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:S000
ガン玉:G8、無 タナ:1m〜2ヒロ
■ エサ ■
サシエ:オキアミS マキエ:アミエビ1.5kg+パン粉4kg+ヌカ4kg+アミノ酸
posted by tarumit at 09:44| 釣り