2015年03月10日

パン粉到着

昨日、注文していたパン粉が家に届きました。30kgで値段は送料込4500円ほど。勿論、食用ではありません。グレ、チヌ用マキエのベースです。

003.JPG

フカセを始めた頃は市販の集魚剤を2〜3袋とオキアミ2枚が大凡1日分でした。値段にして2500円〜3000円ほどかかっていました。大会や丸1日の釣りでは予備もいるため、更に1000円以上はかかっていました。垂水に引っ越してからは、すぐ近くに海があるお陰で釣行回数もフカセは年間50〜60回に増えてしまいました。1回平均3000円としても釣行50回で年間15万円もの出費です。この大出費を何とかすべく、ネットで色々調べた所、九州ではパン粉釣法と言うのが主流と言うのを知りました。それを仲間のアドバイスを元に自分なりにアレンジして、今のマキエの配合に辿り着きました。垂水ではオキアミ1.5kg+パン粉4kg+ヌカ4kg+集魚剤1/2袋です。ヌカはタダで貰って来るので、1200円ほどで済みます。寒冷期や大会時は集魚力を上げるため、集魚剤を多めに入れますが、それでも2000円もかかりません。平均1500円として年間75000円も浮きます。マキエをパン粉ベースに変えてから10年が経ちますが、合計で75万円の節約が出来た計算になります。これって大きく無いですか?

ところで、パン粉に変えてから釣果はどうなったか?と言うのが疑問だと思います。答えは変化無しです。市販の集魚剤は魚の摂餌行動を分析して、それなりに良く出来ています。ですから決して否定するわけではありませんし、どちらかと言えば肯定派です。ですが、前述しました様にだからと言って大金は掛けられません。

ここで少しばかりマニアックなお話をします。魚類にも人間同様、嗅覚と言うものがあります。水の中には空気と言うものがありませんから、匂いは水中に溶けて魚に伝わります。人間同様、魚にも嫌いな匂い、好きな匂いと言うのがあります。ですから、何でもかんでも匂いがきつければ魚が寄って来ると言う訳ではありません。では、好きな匂いとは何か?です。それは「アミノ酸」を多く含むものです。人間も「アミノ酸」が多く含まれる食品により旨味を感じます。魚はそれを匂いで感じ、「美味しいもの」と判断するわけです。また魚類の嗅覚は大変優れており、諸説によれば犬並みとのことです。と言うことはこの旨味の元となる「アミノ酸」も少量あれば魚に伝わり、活性も上がるわけです。但し、魚類全般に言えるわけですから、当然エサ取り達の活動も活発になるため、「アミノ酸」=「大漁」と言うわけには行きません。そこはテクニックでカーバーするしか無いわけです。

話が長くなりましたが、今年は少しマキエの配合を変えてみようと思っています。前述した「アミノ酸」にもたくさん種類があるわけですが、その中から魚の摂餌に有効な2種類をこの度入手しました。合計2kgで3500円ほどかかりましたが、これで1年位はもつので、さほど高いものではありません。次回釣行から試して行きますので、効果がある様であれば皆様にもお教えしますね。
posted by tarumit at 11:43| 釣り

2015年03月08日

久々のネタ?

最近はネタ不足で、ブログの更新が全く出来ておりません。と言うのも今週は月曜から体調を崩しダウン。週後半には何とか持ち直しましたが、水温低下で釣りにも行けず。止む無くPCに向かい、仕事とFXを交互にする毎日を送っておりました。今日も大したネタではありませんが、愛車の車検が来週にあるため、少しばかり車をいじってました。

007.JPG

早いもので新車を購入してから3年。今月初めての車検を受けます。購入直後に荷物を最大限積載出来る様にサードシートを取り外していたのですが、これでは車検が通らないとのこと。鼻水を垂らしながら2時間掛けて元通りに戻しました。ついでに記念に貼り付けていたジャパンカップのゼッケンも全てはがし、きれいになりました。

008.JPG

サードシートは未使用のため、まだビニールで覆われています。3人位までなら、このままでも釣りには行けるのですが、家族3人でキャンプとなると、これでは荷物が積めません。そのため、車検終了後にはまたまた取り外さなければならないのですが、これが結構重労働なんです。また2年後に同じことをしないといけないと思うとゾッとします。

その後はチビのお相手。砂場で遊びたいとのことでマリンピアの公園に行きました。ここでも鼻水を垂らしながらみっちり2時間付き合わされました。

010.JPG

早く釣りに行きたい今日この頃です。
posted by tarumit at 00:00| その他