2015年01月21日

チーム鬼掛兵庫・第1回大会in出雲崎

18日、TFCメンバーのまさ、たばこ屋さんとともに串本町の出雲崎まで行って来ました。当日は数日前からの体調不良で参加が危ぶまれましたが、ロキソニン漬けで何とか体は回復、あとは気合いで大会に臨みました。当日は和歌山支部との合同開催と言うことで参加者は35名ほど。25p以上のグレ8枚までの総重量を競います。

001.JPG

例年通り、この時期の出雲崎は寒グレシーズン真只中、連日好釣果が続いていましたが、ここへ来て突然の水温低下、活性はすこぶる悪いとのことです。それでも釣り場が広いので、いい磯に上がればチャンスは必ずあります。抽選の結果、5番を引いた私は和歌山のF永氏とともに「地のカンゴメ」と言う湾内磯に上がります。

010.JPG

過去にこの磯で好釣果を上げたことがあるF永氏曰く、ポイントは「双子」向きとのこと。釣座じゃんけんで勝った私はポイントが分からないため、あえて本命場をF永氏に譲り、@に入ります。まだ、寒さで体が温まらず、本調子にならない私はF永氏の釣りを見学しながら準備に取り掛かります。するとF永氏から早速「あかんわ〜」の声。この時期の串本名物、トウゴロウイワシが大量に湧いておりサシエが通らないとのこと。私も試しにマキエを打つとこんな感じです。

006.JPG

しかも、潮の流れが本来グレが喰う向きと反対で、湾内向きに流れている始末。グレの活性が高ければ、イワシ達をけちらかしてくれるとのことですが、この潮では期待出来ません。何のプラス材料も無いまま、やっつけ仕事的にようやく第1投。やはり、サシエのオキアミは秒殺です。針を大きく、サシエも大きくすると多少は持ちが良くなりますが、いずれは取られてしまいます。ボイル、ムキエビも試しますが、状況に変化は見られません。マキエの分離も全く出来ません。

007.JPG

こうなれば、仕掛けを重くして一気にイワシの層を突破し、深いタナを狙ってみますが、今度は小型のカワハギやキタマクラが待ち構えています。何の手立ても無いまま前半の4時間が終了です。本来ならここで釣座交替なのですが、交替しても意味が無いだろうとのことで、そのまま続けます。

004.JPG

気温も上がり、私の体調も良くなって来たので、ここで一旦釣りを中断し、磯の周りの観察を始めます。すると、イワシの群れの下に数匹のアオリを発見。試しにタモでイワシを掬い、弱らせたイワシを針に付けて放り込むと、すぐにヒット。しかし、当然の如く掛け針が無いためアオリは掛かりません。それでも、アオリ達の食欲は旺盛で、離してもすぐに他の仲間が抱き着いてエサの取り合い状態です。この状況に何でも屋の私が黙って引き下がる訳には行きません。仕掛け入れの中をゴソゴソ探していると有りました。アオリ用の掛け針です。すぐに仕掛けを作り直し、再びアオリが戯れる海中へ投入すると一発でヒットです。

009.JPG

その後も狙いましたが、1杯目のアオリの墨で他の仲間が消えてしまい不発です。かれこれ1時間ほど時間を潰し、グレ狙い再開です。潮も引いて来たのでAに釣座を移動します。状況は前半と余り変わりませんが、狙う場所をあちこちと変えて行くとたまにサシエが残ります。これなら可能性があると信じ、生のオキアミのみで探って行きます。13時頃、ようやく願いが通じグレがヒットしますが、規定寸法足らずです。その後も前半のダラダラ感が嘘の様に必死で狙って行きますが、釣れるのはイワシ、ベラ、フグばかりです。残り30分になった時、潮も満ちて危なくなって来たので再び@に戻ります。ここで終了するかどうか、しばし考えていると何と、今まで私が狙っていたポイントでF永氏が大物を掛けます。この磯で最初で最後となる大物に息を呑んで見守ります。一瞬グレに見えたのですが、浮いて来ると尻尾近くに黒い斑紋が点々と見えます。残念ながら40p近いサンノジです。最後にドラマは起こせずF永氏もガッカリです。しかし、ここで明暗が分かれます。一旦竿を仕舞いかけた私がF永氏のやり取りを見て、ダメ元のラスト1投を試みます。それも、この日初めて狙うポイントです。東側正面の左側に伸びたシモリの際で仕掛けを張って待っていると、何となくアタリの様な穂先の動き。しかし、少し引き寄せても反応はありません。またもイワシかと諦め気味にアワセを入れると、何と今までに無い大物の引きです。もしや私にもサンノジか?と思いきや、意外にもあっさりと浮いて来たのが30pを超えるグレです。時間は14時57分、これ以上は出来ないためここで納竿とします。

この日はやはり名礁と言われる磯ではそこそこ釣れていましたが、どの磯でもトウゴロウイワシな悩まされ、また水温も影響して半数近くの釣り人に釣果がありませんでした。私はマグレで釣れたグレのお陰で何とか兵庫支部内で8位に入ることが出来、ポイントが稼げました。TFCからはたばこ屋さんが4枚を釣り上げ、大会初参戦で3位と言う素晴らしい結果を残しました。因みに優勝はこの方です。

015.JPG

「双子の子」で見事8枚を揃えておられました。脱帽です。

私は帰りの道中までは何とか元気だったのですが、帰宅してから疲れが出たのか再び体調を崩してしまいダウン。熱も40℃近くまで上がったので、インフルかと心配になり病院に行ったのですが、結果は陰性。本日21日夜になってようやく熱も下がり始め、ブログを更新することが出来ました。もういい歳なんで無理をしてはダメですね。

012.JPG

■ 釣果 ■
グレ23〜34cm 2尾 アオリ20p 1杯
■ タックル ■
竿:1.2号5m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:グレ5号→4号 ウキ:M-00→2B→000
ガン玉:無し→G6→B+G4+G6→無し タナ:2〜5ヒロ
サシエ:オキアミL、ボイル、ムキエビ マキエ:前回の余り+オキアミ3kg+集魚剤1袋+ヌカ4kg
posted by tarumit at 00:00| 釣り