2015年01月12日

妻鹿でチヌ狙い

11日はTFCのひろさん、たばこ屋さんとともに、今シーズン最初の妻鹿に行って来ました。当日は釣志会、長谷川ファミリーの切り込み隊長、真也君に場所取りをお願いし、現地に午前5時前に到着。渡船乗り場では長谷川パパと久々の再会を果たし、お弁当まで頂き、長谷川ファミリーにはお世話になりっぱなしです。この場をお借りして感謝を申し上げます。
さて、この日は後半西風が強まるとのことで、釣りは12時までとのこと。折角来たので15時までやりかたかったのですが、自然が相手では仕方ありません。それでも休日と言うことで、釣り人は超満員です。5番には定員オーバーの15人が入り、ひろさんが北の隅、私が2番目、真也君が3番目、4〜7番目に釣志会メンバー、8番目にたばこ屋さんが入り、それぞれ準備が出来次第釣りを開始します。

068.JPG

私は暗闇では老眼のため仕掛けが作れないため、明るくなるのを待ちます。私が開始する頃には既に、チヌを釣り上げている方もおられ、私も負けじと1投目からマキエ連射で攻めて行きます。ここでの釣りは決まって沈め探り。ウキは000を使い、その時の潮の流れで打つガン玉を調整します。この日の朝一は潮の流れが緩いためG6をチョイス。沖30〜40m付近を探って行きます。しかし、やはり北側周辺はエサ取りのフグが多く、サシエがすぐに取られ、針もしばしば無くなります。そうこうしている間にも、妻鹿に精通している真也君を始め、釣志会メンバーは着々とチヌを仕留めて行きます。私も何とかフグをかわすべく、隣の直也君の仕掛け投入に合わせて仕掛けを投げ、オマツリにならない様に平行に流す様に心掛けて行きます。すると開始1時間、ようやく私の竿にも40p弱のチヌがヒット。その後も単発でチヌがヒットします。4枚キープした所でグレ狙いに変更します。と言うのも、チヌを狙いながらも、際でグレが出ないか早々からマキエを打ち続けていた所、1時間ほど前から2匹のグレがたまに水面近くまでエサを拾いに出て来たのです。これが気になって、チヌ釣りに集中出来なくなり、とうとう狙うことにしたのです。ただ、マキエを打つ度に出て来るわけでも無く、また大量のボラと際にはタナゴの大群も待ち構えています。上手くタイミングを計り、グレが出る瞬間にグレの口元にサシエが落ちないと喰わせられません。グレが出て来るのを、仕掛けを宙に浮かせた状態で待ちます。試すこと5分、ようやく1匹のグレがフラフラと水面近くまで出て来ます。ちょうどテトラ際1m位の所まで来た時にそっと、サシエを投下します。すると、すぐにサシエを咥えて反転、すかさずアワセを入れて1尾ゲットです。その後ももう一匹いるグレを探しますが、なかなか見つけられません。仕方無く、際から竿3本先までの浅いタナを探って行きますが、ボラとタナゴが連発します。ガン玉を付けて深いタナを探っても、ボラは避けられますが、タナゴとフグの猛攻に手も足も出ません。1時間ほどでグレ狙いを諦め、再び遠投でチヌを狙い1尾追加します。10時を過ぎた頃から、突然潮の流れが複雑になり、釣座正面もヨレや渦が出来る様になります。こうなると、またもグレ狙いに変更です。やはりタナゴに翻弄されましたが、何とか奇跡的に1枚追加です。残り時間が少ないながらも、状況は良くなって来たので、エンジン全開で狙って行きます。しかし、この頃からそれまで無風だったのが嘘の様に突然西から強烈な風が吹き始めます。

069.JPG

すると間も無くして船がやって来て撤収の合図です。いよいよこれからと言う時に、予定よりも1時間以上も早く、10時50分の納竿となります。この日は釣り時間が短いと言うのは勿論、釣り人が多い上に潮の流れが途中からきつくなったお陰で、仕掛けが上手く流せなくなり、その結果チヌの釣果は全体的に良くありませんでした。そんな中でも真也君が9枚を釣り上げ竿頭、チヌ名人のBさんもあと数ミリで年無しと言う大物を釣り上げるなど、やはり場馴れしている方は立派な釣果をあげておられました。

070.JPG

■ 釣果 ■
グレ31〜32cm 2尾 チヌ38〜47p 5尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.2号 針:チヌ3号→グレ4号 ウキ:L-000→M00
ガン玉:G6→G8+G4→無し タナ:チヌ2〜4ヒロ グレ矢引き〜1ヒロ
サシエ:オキアミL、M、ネリエ マキエ:オキアミ1.5kg+前回のグレ用余りエサ+ヌカ3kg
posted by tarumit at 00:00| 釣り