2014年12月15日

ドリームオープンカップ近畿大会in家島

先週は週初めから風邪をひき、体調も良く無いので今大会への参加を思案しておりました。そこへ今季最大の寒波がやって来るとのことで、「中止か?」と内心期待していたのですが、前日に担当者へ電話を入れると「予定どおり決行します」とのこと。天気予報を見ても西風10m以上で海は大荒れ。幾ら開催場所が瀬戸内とは言え、人命を無視した無謀な判断です。とは言え、私も既に道具もエサも準備済。今年最後の大会でもありますし、無理矢理自分を奮い立てて、参加することを決意します。

さて、大会はチヌ3枚までの総重量で順位を決定。4船の横取り方式で上位10名までが表彰されます。抽選で私は江沼渡船、同行のサトシF君は那波渡船に乗り込み、午前6時前に出船です。港を出て間も無くして、予想通り船は横へ縦へと大きく揺れ始めます。目指す鞍掛島には30分もあれば十分に着く距離ですが、速度が出せずなかなか到着しません。船酔い寸前でようやく鞍掛に到着しますが、波がきつく上がる磯が殆どありません。船は右往左往しながらようやく「ナベシマ」と言う磯で我々が降ろされます。ここは鞍掛の西部にある独立磯です。磯と言っても小さな島ほどあり、少なくとも10人位が竿を出せる大きな磯です。そんな場所に2人だけ降ろされたのですが、それもそのはず、東向きの一部以外は暴風と大波で竿が出せる状態ではありません。東向きの釣座も足場が低く、時折波が襲い、磯を超える風が右、左と交互に吹き荒れます。それでも、一応風を背に向けた状態で釣りが出来るので、相手選手と相談してここを釣座として決定します。しかし、寒さ、船酔いと風邪による体調不良、荒れ狂う気象状況にテンションも上がらず、お互いなかなか釣りを始めません。気が付けば何もせずに到着してから30分が経過しています。相手選手の「そろそろ始めますか?」の掛け声にようやく重い腰を上げ、準備に取り掛かり、開始したのが午前8時前。

018.JPG

私はまずは西側の@からスタートです。風、波に加え、潮の流れも速いため、まずはウキ2B、タナ4ヒロ半ほどで竿1〜2本先を狙って行きます。波シブキと強烈な西風に立っているだけでも辛いのに、アタリも全く無く心がどんどん折れて行きます。サシエも一向に取られないため、投点を更に沖へ移し、狙うタナもどんどん深くして行きます。それでもサシエは全く取られません。結局前半は一度もアタリは無く10時からAへ移動します。ここは足場はいいのですが、島に当たった風が右から巻き込む様に吹き荒れ、竿を振りかぶることが出来ません。しかも、鞍掛との水道に当たるため潮流も速く、まともに釣りが出来ません。もうこの時点では競技のことはどうでも良く、兎に角今シーズン使うことの無いこのチヌのマキエを使い切ることだけを考えて、釣りを続けます。開始1時間、これまで全く取られることの無かったサシエがようやく齧られます。更に続けると針が無くなっています。いつもは厄介なフグですが、何の生命反応も感じられなかっただけに、少しだけやる気が出て来ます。しかし、この「やる気」も次第に消えて行きます。やはりフグは厄介です。何処に仕掛けを入れても殆ど毎回針が無くなってしまいます。仕掛けを流す時間より、針を結んでいる時間の方が長く感じられます。相手選手も同様で、フグの猛攻に嫌気を感じたのか競技終了の1時間前に納竿です。私もこの状況に耐えきれず、納竿しようと思ったのですが、前述しました様にマキエだけは全部撒いてしまいたいので、我慢して続けます。すると12時半頃、突然フグの姿が消えます。針はおろかサシエが残って帰って来ます。「これはチャンスか?それともまた元の状態に戻ったのか?」と心の中でつぶやきながらウキを眺めます。すると、終了15分前、視界からウキが消えます。この日初めてのアタリに緊張が走ります。すかさずアワセを入れるとかなりの重量感です。一旦は寄せることが出来たのですが、横風に竿があおられ、それをきっかけに魚に主導権を握られてしまいます。沖に出すまいと私も必死に耐えましたが敢え無くラインブレイクです。その後、すぐに仕掛けを作り直し、ラスト5分必死になって粘りましたが、魚からの反応は無く終了の13時を迎えます。最後に掛けた魚は、その引きからチヌでは無いと思うのですが、せめて姿だけは見たかったです。

今回は風、波の影響でまともに釣りが出来た人は少なく、ちょうど風裏でいい磯に上がれた選手にはそこそこチヌが釣れていた様です。私は釣果も無く、じゃんけん大会にも勝てず、またも手ぶらで帰宅、風邪もこじらせ今シーズン最後にして最悪の大会でした。もうドリームオープンカップは懲り懲りです。

022.JPG

■ 釣果 ■
無し
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:チヌ2、3号 ウキ:M-2B→00→3B
タナ:4.5ヒロ〜7ヒロ
サシエ:オキアミ、ネリエ、コーン マキエ:オキアミ3kg+パン粉2kg+ヌカ5kg+集魚剤1.5袋
posted by tarumit at 18:08| 釣り

2014年12月11日

垂水西5番(21回目)

10日はTFCのYHさん、さわいちさんが来ていたため、久々に会いに西5番へ釣行。3番目に入り、いつもより遅めの9時スタート。

KIMG0083.JPG

開始早々より当て&東向きの流れがきつく苦戦の連続です。やっとの思いで1枚ゲットしますが後が続きません。暫く続けますが埒が明かないため、ダメ元で更に西へ移動。西5番の西側端(フェンス際)に釣座を構えます。ここは東側以上に激流でしかも洗濯機状態。ただ、他の釣り人が居ないため仕掛けは流し放題です。ここで、練習のつもりで粘り、何とか1枚を釣り上げますが、複雑な潮の流れに対応しきれず30分ほどで退散。再び元の釣座に戻ると、幾分潮が緩んでいます。オセンも元気で、どんどん沖に出るため投点を30〜40m先の沖に変更します。これで何とかグレが釣れるのですが、沖の潮と際の潮の流れが逆で、仕掛けが引っ張られなかなか連チャンとまでは行きません。昼頃になると、ようやく潮も落ち付き釣り易くなりますが、今度はグレの喰いが落ち、沖ではサシエが残ってしまいます。オセンを完全に分離させるとグレは喰わないため、竿3〜4本先のオセンが出るぎりぎりの所を狙い、何とかぽつぽつと追加していきます。納竿間際にはようやくグレが浮き出したのですが、それも一瞬で終わり1枚を追加するだけで16時、納竿とします。この日は3人とも2ケタ釣果は達成出来たのですが、30pオーバーはゼロで、相対的に小型が多かったです。

KIMG0085.JPG

■ 釣果 ■
グレ20〜27cm 17尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:M-00 ガン玉:G8or無し
タナ:1ヒロ〜3ヒロ サシエ:オキアミM マキエ:オキアミ1.5kg+パン粉5kg+ヌカ5kg
posted by tarumit at 07:35| 釣り

2014年12月08日

垂水西5番(20回目)

12月に入ってから、日本列島も大寒波に見舞われ、週が明けるまでは釣りはお休みするつもりだったのですが、土曜にTFCのたばこ屋さん、続いてTEAM ONIGAKEのK田君からお誘いがあり、急遽垂水へ行くことに。日曜と言うことで場所取りがあるため、現地には午前6時前に集合。あまりの寒さに体が動かず釣り開始は午前8時。既に先客が角に入られていたので、2番目からたばこ屋さん、K田君の友達のS谷君、K田君、私の順に入ります。久々に西寄りの釣座で多少の不安がありましたが、何と1投目から28pのグレがヒットします。

002.JPG

西風、西流と一番西側に釣座を構えた私にとって、状況は最悪でしたが、グレの活性が高いお陰で退屈無くアタリが出ます。寒気の影響で水温も下がり、心配していたバリコも少なくオセンもどんどん沖に出て行きます。こうなるとグレも沖で喰うので、オセンを利用して遠投で釣果を伸ばして行きます。お昼前になると、若干オセンの元気も無くなって来たので、グレが浮くかどうか試してみます。竿2〜3本先に広範囲にパラパラとマキエを打ちオセンを動かし、ついでにボラも寄せて釣座前を賑わせます。それを何度か繰り返し様子を見ると、マキエの淵でチラホラとグレが見えて来ます。ここで一旦リセット。今度はマキエでオセンを際に釘付けし、その後タテ撒きでオセンを沖に出し、その先端にパラパラマキエを入れます。すると案の定、オセンの列の先端のグレが単独で浮き出します。すかさずタナを矢引きに変更し、ここから10連チャンです。しかし、潮の流れが変わると、グレは全く浮かなくなり再び竿2〜4本先を少し深いタナで探って行きます。ここからが我慢の釣りが始まります。西風も一層強くなり、潮の流れも速く苦戦が続きます。オセンも深いタナまで潜ってしまい、上からでは動きが分からず、何度もサシエを取られてしまいます。たまにグレも釣れるのですが、型がイマイチです。寒さのため気力も段々と低下、最後の方はやっつけ仕事的に時間を消化し、15時半、マキエ切れで納竿とします。この日は3番側にグレ狙いの釣り人が3、4人居たために、5番の角付近ではエサ取りが集まり、釣果はあまり伸びていなかった様です。今回は4人で40枚ほどと、この時期にしては貧果に終わりましたが、ようやくバリコも消え、オセンの動きも活発になって来ているので、今後はますます期待が持てると思います。

003.JPG

■ 釣果 ■
グレ20〜31cm 25尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:M-00 ガン玉:G8or無し
タナ:矢引き〜3.5ヒロ サシエ:オキアミM 
マキエ:オキアミ1.5kg+パン粉4kg+ヌカ4kg+前回の余りエサ
posted by tarumit at 10:38| 釣り