2014年11月16日

垂水西5番(17回目)

15日は約半年振りにTFCの通称"たばこ屋"さんと垂水西5番へ行って来ました。たばこ屋さんの提案で、1.5時間ハーフの計3時間を釣座を交替して2尾長寸を競う競技形式で行います。この日は他にフカセ師が1人居たので、その方を挟んで角にたばこ屋さん、3番目に私が入って7時前に開始。まずはいつもの軽い仕掛けで、ウキを沈めて3〜4ヒロの間を探って行きます。相変わらず朝のバリコは活発で、ちょっと気を緩めると沖に出てしまいます。バリコが出ない様にマメに際にマキエを打ち、沖にはボラを集めます。いつもと同じパターンで幸先良くグレがヒット。その後も朝一から連発で9枚を釣って場所交替です。後半は角に入りますが、今度はなかなかパターンに入りません。単発では釣れるのですが、型が一回り小さく、15p前後のミニサイズも喰って来ます。何とか7枚キープして終了。2人とも型は小さく、最大で26p。2尾長寸もほぼ同じで甲乙付けることが出来ずにドローです。ここでお昼休憩を入れて、13時前に第2試合を開始します。今度は1尾長寸を競います。釣座は今度は角からスタートします。型を狙うため、ポイントを徐々に沖へ変えて行きます。20m先でようやく28pがヒット。その後も同じポイントを狙いますが、なかなかサイズアップしません。パターンにはまり、グレは連発する様になりますが、殆どが22、3pほどです。結局、28pを超えること無く前半終了。再び3番目に入り、後半をスタートします。この頃になるとバリコも沖に出ず、釣り易くなります。潮も沖に出て、絶好の状態です。竿2本先前後に仕掛けを投入して、ある程度流してから仕掛けを止めて待ちます。すると、20m先で30pクラスがヒット。続いて同サイズが連発です。暫くは沈黙が続いて、再び連発モードに入りますが、今度は小型のオンパレードです。マキエも残り僅かになり、とうとうラスト1投。3分ほど仕掛けを流して、4ヒロほど入った時にウキがもじもじとシモリ始めます。ラインを張ってアタリを待つと、今日一の強烈な竿アタリ。重量感たっぷりで楽しませてくれます。十分に弱らせて、浮かせたのが31pの丸丸太ったグレです。後ろ髪を引かれる思いですが、マキエも切れたのでここで納竿です。たばこ屋さんもここでエサ切れとなり、第2試合終了です。そして、気になる結果は。何とたばこ屋さんも31pのグレを仕留めており、またまたドローです。この日はグレの活性も高く、結構沖でもグレは喰ってくれました。また、後半は型も良くなり、いよいよ垂水のグレもエンジン始動と言った感じです。帰り仕度をしている時に西3番方向に目をやると、たくさんのカメラマンが居たのでパチリ。

017.JPG

レンズの先を見ると、これはこれはすばらしい落日の瞬間でした。

019.JPG

久々に見るダルマです。しかも淡路島のちょうど先端に落ちて行きます。最後にいいものが見れました。

016.JPG

■ 釣果 ■
グレ20〜31cm 36尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:M-00 ガン玉:G8
タナ:2〜4ヒロ サシエ:オキアミM マキエ:前回の余りエサ+パン粉4kg+ヌカ4kg
posted by tarumit at 00:00| 釣り