2014年10月24日

垂水西5番(14回目)

昨日23日は、TFCのサトシF君と垂水西5番にグレ狙いに行って来ました。現地到着は午前5時半、開門を待っていつもの角のポイントを陣取ります。日が昇り始めるまで、暫く時間があったので暇潰しにエギングを開始します。数投目、なぜかしゃくってる最中に高切れでエギをロスト。その後、暫くして根掛かりでまたもロスト。例え安価なエギとは言え、何も釣っていないうちから2個も失くすとさすがにショックです。ここで諦めてフカセを始めようと一旦は準備に取り掛かりますが、やはり失った分、何とか元を取らねばと再トライ。2.5号はもう無いため、小振りではありますが2号でやってみます。すると数投目にまたもガツン!。また根掛かりかと思った時、竿がグイグイと引っ張られます。エギでは小イカしか釣ったことの無い私にとって、殆ど経験の無い引きです。ゲットしたのは23pのアオリです。滅多にお目に掛かれないサイズで喜びもひとしおです。更に奇跡が起こります。今度はフォール中にラインが走り、2杯目となる24pをゲットです。これで元は取れたのでエギング終了です。

03.JPG

自分の中ではもう満足度100%なので、ここで今日の釣りは終了と言いたいところでしたが、メインはあくまでもグレ。面倒くさいですがフカセの準備に取り掛かります。杓を忘れたため、家に取り帰るなどのアクシデントもあり、開始したのが予定より遅めの8時頃。まずは前回同様、大量のマキエでワンド側へバリコを誘導させます。バリコが移動したのを見計らってマキエのタテ撒きでオセンを沖に誘導、その後、沖にマキエを打ってボラを寄せると言う一連の流れでグレを誘き出します。このパターンを続けると必ずボラの下にグレが現れるのですが、沖に青物が回っているのかオセンがあまり沖に出てくれません。ボラもいつもとは違い、思ったほど数が居ません。釣り易いのですが、これではグレは滅多に浮いて来ません。仕方無くタナを深めに取って狙いますが、殆ど毎回サシエが残って帰って来ます。オセンも竿1本先以上は出ようとせずに、ある程度マキエを捕食するとすぐに消えてしまいます。沖では喰わないと判断して狙いを竿1〜2本先に設定します。際から近いため、うっかりするとすぐにバリコの餌食となってしまいます。バリコの動きを観察しながらマキエで動きをコントロールしないといけないため、ウキをじっと見る余裕が無く、アタリは穂先で取ります。9時半頃、ようやく20pちょっとのグレがヒット。タナが深いため、軽い仕掛けでは馴染むまでに時間が掛かり、その後も単発でしかヒットしません。そのうち浮いて来るだろうと暫く粘りましたが、一向にその気配が無いため昼頃に仕掛けを変更します。ここでは滅多に使わないガン玉を2段打ちします。G6とG8をそれぞれ直結部分と針上20pにセットして3〜4ヒロの間を探って行きます。ウキも鉛シールを張り、沈め気味で狙って行きます。これでようやく連発モード突入です。型には不満が残りましたが、エサ切れとなる14時半まで、そこそこ退屈無く釣れ続きました。この日も後半に備え、若干マキエをセーブしたため、完全な分離が出来ずに釣果を伸ばすことが出来ませんでした。水温が高い間暫くはバリコの勢いも強いため、相当のマキエが無いと対処出来ないと思います。

001.JPG

■ 釣果 ■
グレ20〜24cm 14尾 アオリ23〜24p 2杯
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:M-00
タナ:3〜5ヒロ サシエ:オキアミM マキエ:オキアミ0.5kg+集魚剤1.5kg+パン粉5kg+ヌカ5kg
posted by tarumit at 09:10| 釣り