2014年10月20日

明石港でフカセ

18日に引き続き、19日も釣りに行って来ました。今回は飲ませでは無く、フカセでグレを狙います。もともと垂水西5番に行くつもりでしたが、同行のサトシF君のお勧めで明石港へ変更します。向かった場所はベランダの西側にある赤灯です。

004.JPG

20年位前に数回来たことがありますが、フカセでは初めての場所です。先端部にはエギンガーが居たので少し離れた場所に釣座を構え、6時半頃開始します。まずは海の観察。マキエを撒くと暫くして際に無数の木っ葉が現れて来ます。その中にオセンも混じっていますが、数はさほど多くありません。心配していたバリコも少なく、釣り易そうです。まずは竿3本先位を軽い仕掛けで探って行きます。木っ葉、オセンを沖に出そうとマキエで誘導しますが、竿2本先以上は出ません。エサ取り達が出るぎりぎりのラインを探り、ようやく20pほどのグレをゲットです。その後も単発でグレはヒットしますが、型は20p前後の小型ばかりです。浅いタナでは型が出ないと見て、3ヒロ近くまで仕掛けを入れて行くと今度は25pほどのチヌが連発です。魚影は濃いのですが、釣れる魚は小型が多いです。その後、潮が動き出すと10匹ほどのボラが現れ、垂水同様その下にグレが湧き出します。タナを矢引きに変え、マーカーで当たりを取りグレを追加して行きます。一方、サトシF君は見えているソウシハギを掛けて遊んでいます。

002.JPG

食べると危険なので、写真だけ撮って即リリースです。日が高くなるに連れ、エサ取り達も活発になり、恐れていたバリコ軍団も襲来してきます。また、後半は当て潮もきつく、状況は段々と悪くなっていきます。たまにチヌやアイゴが掛かり、楽しませてくれますが、肝心のグレがなかなか釣れません。結局15時頃まで粘りましたが、期待していた30pクラスのグレは姿を見せてくれませんでした。赤灯はケーソンゆえ足場も良く釣り易いのですが、垂水から少し遠いのと、船の往来が頻繁で仕掛けが沖まで流せないのがネックです。それでも魚影の濃さは垂水並みなので、また機会があれば狙ってみたですね。

005.JPG

006.JPG

■ 釣果 ■
グレ20〜25cm 14尾 チヌ25〜38p 3尾 アイゴ35p 1尾
■ タックル・フカセ ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:M-00
タナ:矢引き〜3.5ヒロ サシエ:オキアミM マキエ:オキアミ1.5kg+パン粉4kg+ヌカ4kg+余りエサ
posted by tarumit at 07:48| 釣り