2014年09月24日

垂水大波止で飲ませ 第4弾

23日はTFCのまさ、3104k君、チーム鬼掛の黒田君とともに垂水大波止へ行って来ました。一昨日は午前3時まで仕事をして午前6時から釣り、昨日は寝ずに仕事をして午前3時から釣りと、この2日間、殆ど寝ていません。何でそこまでするの?と思われるかもしれませんが、この時期は仕事と狙う魚の多さが共にピークに達するため、止むを得ません。と言うわけで、意識朦朧の中、午前3時より西波止でエサとなる小アジの調達からスタートです。回遊が少なく、約10尾ほどしかキープ出来ず、午前4時半頃に大波止へ移動します。大波止でも早速サビキで小アジを狙い、約20尾ほど確保して午前6時前より飲ませ釣りを開始します。

001.JPG

この日は西へ流れる青物にはイマイチの潮です。やはり時合いとなる6時〜8時の間にアタリは一度もありません。潮の流れも速く、一人テトラ側でフカセでグレを狙う黒田君も苦戦している様です。しかし、流れの向きが変わりかけた10時頃、まさに待望のアタリがあります。しかし、際まで寄せた時に痛恨のバラシ。ここ最近ずっとそうですが、獲物に対してエサとなる小アジが大き過ぎるため、なかなか上手くフッキングしません。その後も11時半まで粘りましたが、青物のアタリはこの1回のみ。ただ、アオリの反応が良く、全員に釣果がありました。フカセの黒田君も25p前後までを5枚、私も黒田君にマキエを分けてもらい、エギングロッドにウキを付けて狙って3枚ゲット、グレの調子は上向いて来ました。時期的に青物もピークを過ぎ、これからはアオリがメインとなりますが、いずれにせよエサの小アジがなかなか確保出来ないので、今後も苦戦が続きそうです。

003.JPG

■ 釣果 ■
アオリ13〜15cm 2杯 グレ20〜23p 3尾
■ タックル ■
竿:2号5.3m 道糸:2.5号 ハリス:2.5号 針:チヌ3号 ウキ:2号 タナ:2〜4ヒロ エサ:小アジ竿:エギングロッド 道糸:PE0.8号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:M00 タナ:1〜2ヒロ エサ:オキアミ
posted by tarumit at 04:41| 釣り